シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】学校に日本兵の幽霊が出ると騒動になった時、級友の祖父が退治しにやってきた。彼は強引に三晩も夜の学校にいた。これがいわゆる「波平の幽霊退治」である

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

425: 本当にあった怖い名無し 2014/03/15(土) 08:29:13.30 ID:bWOpQUcn0
1/2知人の話、かなり昔の話だが・・・
知人が小学生の頃、学校で日本兵の幽霊が出ると騒動になった。
児童のみならず、保護者や教職員にも見たと言う者達がいた。
そんなある日、級友の祖父が学校にやって来た。
気弱な波平と言う感じの老人だが、一晩中ココにいると言う。
教職員達は気弱な風貌に最初は断ったのだが、波平は強引に三晩、夜の学校にいた。
そしてそれ以来、日本兵は出なくなったので「波平の幽霊退治」と
子供達の話題になったらしい。

426: 本当にあった怖い名無し 2014/03/15(土) 08:32:06.23 ID:bWOpQUcn0
2/2知人が最近、級友と出会い幽霊退治の後日談を聞いたそうだ。
あの後、多くの人が話をせがんだが、波平は何も語らなかったらしい。
何年か後、級友が何気なく夜の学校は怖くなかったのかと聞いたら
「覚悟を決めた軍人が幽霊になろうはずは無い、
 よしんば、何かの理由があり心ならずも学校で
 さ迷っているのなら帰る道を教えてやるつもりだった。
 そうでないなら、子供達を惑わすただの卑怯者、
 そんなモノ恐れるに足らん。
 あの時、幽霊は出なかったよ、
 おそらく生きている卑怯者が子供達を惑わす為に作り話をしたのだろう。」

427: 本当にあった怖い名無し 2014/03/15(土) 08:34:22.44 ID:bWOpQUcn0
2/2+1
戦後、公職追放令が解除された後も世に出ることなく静かに暮らしていた波平。
実は、海兵(海軍兵学校)出身の海軍士官であったらしい。

433: 本当にあった怖い名無し 2014/03/15(土) 14:22:42.07 ID:bWOpQUcn0
1/3 知人から聞いた話
知人は田舎で土木作業員をしていたそうだ。
ある日、同僚と現場を回っていたらスーツを着た男が山に続く
遊歩道に入ろうとするのが見えた。
その遊歩道は知人が丁度工事しているところで1kmもすれば
道は途切れているのだった。
知人達はすぐに男を追いかけたのだが、なぜか見失ってしまったそうだ。
下手に怪我して貰っても困る、
携帯電話も届かない所だったので知人は同僚を残し会社に戻ったらしい。
会社では社長は社長で最悪の事態を考えた。

434: 本当にあった怖い名無し 2014/03/15(土) 14:25:31.86 ID:bWOpQUcn0
2/3「首吊りでもされたら面倒だ。」
他の現場の作業員を集めて男の捜索にあたった。
が、しかし男も死体も見つからなかったそうだ。
狐につままれた様な話だが、知人も複数の同僚も男を見ていた。
知人はその後もスーツ男に興味を持ったそうだ。
もののけ姫に出てくるタタラバと関係する中国山地
ヒバゴンと呼ばれたUMAの話もある。
知人は男が漂泊の民サンカでは無いか、遊歩道の向には現代社会とは
切り離された集落でもあるのでは無いか、
スーツの男は必需品を調達する為に山を降りてきているのではと考えた。

435: 本当にあった怖い名無し 2014/03/15(土) 14:28:08.35 ID:bWOpQUcn0
3/3しかし、知人が推論の根拠を集めようとすればするほど
否定する情報ばかり集まったらしい。
昭和四十年代までならともかく
航空機、衛星写真、道路交通網が発達した現代、中国山地程度では
秘密のサンカ集落が存在する可能性よりも
スーツ姿の男が
ただの幽霊である可能性のほうが大きいそうだ。

429: 本当にあった怖い名無し 2014/03/15(土) 10:41:37.03 ID:JnOXrKCG0
>>426
新撰組の土方歳三のエピソードを思い出したw

ある日、切腹した隊士を埋葬した寺の住職が
その隊士の亡霊が出ると青くなって屯所に駈け込んで来た
土方は「この世に恨みや未練を残すとは隊士の風上にもおけん
腐った根性を叩き斬って、あの世に送り返してやる」と激怒
日暮れとともに一人で寺に出向き、刀をたずさえて朝まで待ったが
土方を恐れたのか亡霊はそれ以来ぱったり出なくなったそうだ

新撰組日誌に載ってるから実際にあった出来事なんだろうが
幽霊のビビり方を想像すると笑えるなw

http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1393688134/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク