シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】栃木・福島県境の田代山林道に行った。 入り口は広場になっていて、山神さんが祀られていたのでお賽銭を上げて拝んだ。車に戻ると、通行止めの看板を乗せたトラックがやってきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

269: 本当にあった怖い名無し 2008/07/29(火) 00:34:32 ID:onQHh7So0
以前、栃木・福島県境の田代山林道に行った。
福島側の湯の花温泉に行くのに、山王経由で行くと遠回りだし、
久々に通ってみたくなったのもあり。

馬返林道からいよいよ田代山林道の入口にさしかかった。
ちょっとした広場になってて、子供の頃に見た覚えのある、古びた
山神さんが祀られてた。
懐かしさもあり、またここから長い林道ということもあって、
のんのんしていこうかなと思い、お賽銭をあげて拝んだ。

よーしあとひと山越えれば福島だー、とクルマに乗った時、
来た道の方角からトラックの音が近づいてきた。
見ると工事車両のようなので、やり過ごしてから後発しようと思い
待っていると、トラックが横付けしてきた。
何事~と思ったら、運チャン曰く、この先の林道が道ごと崩落している
そうで、通行止めの看板を背負ってきていた。

全然怖くない話だけど、自分的になにやら印象に残った経験だったので
ちょっと書いてみたりした。また、機会があったらお礼を述べに行きたい。

270: 本当にあった怖い名無し 2008/07/29(火) 01:13:34 ID:ZQbUUe7P0
>>269
ほんのり不思議

271: 本当にあった怖い名無し 2008/07/29(火) 01:41:46 ID:onQHh7So0
ほんのり不思議といえば、もひとつ。

実家に姪と甥がいるんだが、どっちもまだ小さい頃に、
「白い着物を着たおじーちゃん」が階段の踊り場に立ってるって
妙に怖がっていた時期があった。
怖い話好きな姪だけならまだしも、やっと言葉覚えたての甥まで
おんなじことを言うもんだから、正直薄気味が悪かった。

お盆の時期、実家に戻って仏壇に手を合わせ、そのあとに
甥っ子を抱え上げて構っていたら、
「あーあのおじーちゃんだ」と、仏壇の上にかけてある
亡くなった祖父の遺影を指差した。えー、と思って姪にも尋ねたら、
「似てる」とのこと。

オレが生まれたときには既に祖父は故人だった。
子供にだけ姿を見せてオレに見えないなんてちょっと不公平ぢゃ
ねーか、と思ったりしたけど、薄気味悪さはすっかりなくなった。

今は2人ともそんなことケロっと忘れてるらしいけど、
今も実家にはじーちゃん、いるんだろうなぁ。
連投、ごめんね。

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216318822/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク