シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】パチンコ屋でバイトしてた時の話。休憩時間終了間際、猫が甘えて鳴くような声が聞こえた。今の声(?)は俺の足元からした、ような気がする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

757: 本当にあった怖い名無し 2008/06/04(水) 02:33:32 ID:6UR7JIl4O
以前バイトしてたパチ屋での話。

勤務中に食事休憩(賄い)があり、一人暮らしだった俺には有り難い職場だったんだが、賄いのおばちゃん(当時40代後半)がどうもビリーバーな感じ。

懐疑派の俺とは普段から会話が噛み合わず、その日もお互いに無言のまま、休憩時間が終わろうとしていた。

「まだあと4時間もあんのかぁ」と考えてたら、猫が甘えて鳴くような声が聞こえた。食堂には最初から俺とおばちゃんの2人だけ。テレビも点いてないし、階下の店舗の音は全く聞こえない。何より、今の声(?)は俺の足元からした、ような気がする。

758: 本当にあった怖い名無し 2008/06/04(水) 02:43:32 ID:6UR7JIl4O
「インカムからか?」と、耳から外していたイヤホンを確かめようと視線を落とすと、同じ声が今度は耳元で、その分さっきより鮮明に聞こえた。猫なんかじゃなく、赤ん坊の泣き声だった。

不思議と恐怖は感じなかったが、何が起こっているのか判らず、そのままの姿勢で固まっている俺を見て、おばちゃんは黙って食器棚に歩み寄り、引き出しから何かを取り出した。

おばちゃんの手に握られていたのは、まだ真新しい「ガラガラ」だった。

759: 本当にあった怖い名無し 2008/06/04(水) 02:59:44 ID:6UR7JIl4O
俺と視線を合わせないまま、黙って「ガラガラ」を振るおばちゃん。定位置の椅子に座り、それまで読んでいた雑誌を膝の上でめくりながら、面倒臭そうに振り続ける。呆けたようにその様子を眺める俺の耳元には、相変わらず赤ん坊の声。

時間にすると1分ぐらいのものだろうか、耳元の声が次第に変化していった。喜色を帯びるというのか、なんとも楽しそうな、はしゃぐような声。最後には明らかに笑っていたような気さえした。

「まあ。赤ちゃんのことやしな」

実にさらっと言ってのけた、おばちゃん。俺も拍子抜けして

「ああ、そやね」

とだけ言って仕事に戻ったが、おばちゃんが最後の最後まで、目を合わさないどころか、あからさまに俺の方を見ようともしなかったことが、5年以上経った今でも気にかかる。

760: 本当にあった怖い名無し 2008/06/04(水) 03:03:04 ID:wkxsx5aR0
つまりそのおばちゃんはそこに出る赤ちゃんの霊をあやしつづけてたってことか。

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209396143/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク