シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】学生寮に住んでいた時、「変な落書き事件」というのが起きた。複数の部屋のドアに「シネ」という落書きがついているのが発見されたのだ。すべて消したのだが、しばらくしてその落書きが書かれているのが発見された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

280: 本当にあった怖い名無し 2008/05/10(土) 22:29:11 ID:QUfFpK5O0
学生の時、寮に住んでいたんだけど、一年生の頃、そこで「変な落書き事件」というのが発生した。
事のおこりは夏休み前、みんなで寮内大掃除をした際、複数の部屋のドアに「シネ」という落書きがついているのが発見された事だった。
小さい字でエンピツ書きで、ドアの隅の方5センチ四方くらいにビッシリと。
4割くらいの部屋のドアにかかれていて、みんな気持ち悪がったんだけれどもいたずらだろうとその時は無理やり収束。
ところが夏休み明け、帰省した人が帰ってくるとまたその落書きが書かれているのが発見された。今度も4割くらいの部屋のドアに。
最初は帰省しないで残った組が疑われたけれども、残った組は全力で否定。(私もそうでした)
寮生じゃない人が来た時に面白がってつけたんだろうと、その時も無理やり収束した。(当然落書きは消された)
が、それからしばらくするとまた落書きが出現。消しても消してもどこかしらの部屋に必ず書かれているようになった。
ついには寮の共有スペースにあった自販、共同玄関、共同ポスト等範囲が拡大。
そこまで行くと気持ちが悪くなり、そこでやっと寮母に相談をした。
寮母も「寮生がやっているとは思いたくないし、それであればたちの悪い部外者が入って来ている事になるので注意する」と、共同玄関に防犯カメラを設置する事になった。
それでも落書きは消える事はなく、度々発見され続けていた。

そんなんで半年ちょっとが経過したその年の春休みに、一人の寮生が学校を辞めた上で退寮していった。私はその春休みは帰省していたため、詳しい事情は知らないが、残っていた人が教えてくれた。以下、聞いた話。

281: 本当にあった怖い名無し 2008/05/10(土) 22:31:34 ID:QUfFpK5O0

その辞めていった寮生は、春休みの前の冬休みに入ってすぐ「体調が悪い」と救急車と警察を呼んだ。体調が悪いだけなのに警察まで呼んだ理由を他の寮生+寮母が問いただすと
「この部屋には化け物が出る。それで体調を崩した。はっきり言って素人には手におえないため警察を呼んだ」
と、意味不明な事を言ったという。
それから1週間の間に同じ事が3度起きた。「この寮はのろわれているから、全て壊して建て直せ」「御祓いをしろ」等訴え続けていたそう。その時、寮母はその寮生の親御さんに連絡をし、注意を促した。
消防及び交番にも事情を話し、寮生から通報が来たらまず寮母に連絡をして確認するようにしたため救急車も呼ばなくなった。
そうやって冬休みが終わりテスト週間が明け春休みが始まった頃、救急車を呼ぶ事がまた頻発。寮母の所にはしょっちゅう警察と消防から確認連絡が入ったそう。
さすがに耐え切れなくなった寮母が、親を呼びつけた上でその寮生と話をしたら
「昨年の夏休み頃から化け物が出るようになった。だから自分がみんなの部屋に結界を張ったのにみんなイタズラだと思って消していくから、化け物が余計に入り込むようになった。私は悪くない」
と激昂。それでキレたのか、暴れながら寮の壁やらドアやらに例の「シネ」という落書きをしまくった。
(そのせいで、この出来事は居残り組み寮生の知るところになった)
これが元となり、親の判断で彼女は退寮。ついでに学校も辞めてしまったそう。
「変な落書き事件」の顛末はこんな感じだった。
話を聞いた時は、寮に何か出るんじゃないかとガクブルだったが、卒業まで何事も無く普通に過ごしました。

オカ板の人は詳しそうなので聞きたいのですが、「シネ」とか書く結界の張り方ってあるんですか?
辞めていった寮生いわく、化け物は幽霊と違うから「死ね」の意味で書いたらしいんですが・・・
何か宗教でもやってたのかな。

282: 本当にあった怖い名無し 2008/05/10(土) 22:33:57 ID:2YUF06ss0
>>281
人間の妄想って、ホント何でもありだからなあ。

284: 本当にあった怖い名無し 2008/05/10(土) 22:49:19 ID:C6feQJlnO
>>281
こえええええ
精神病か何かかな。
生きてる人間が一番怖いな…

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209396143/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク