シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】Aさんの部屋は家の庭にあった立派な桜の木を切り倒し、開いたスペースに増築したものだった。ある日の夜、Aさんが部屋で勉強してたら、 廊下から変な音が。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

24: 1/2 2007/07/07(土) 02:44:23 ID:0JU6MCcd0
自分の体験談がないんで、うろ覚えだが従姉妹の話を二つ。

従姉妹っつーか、従姉の高校時代の友達(仮にAさん)の話。
その人の家には立派な桜の木があったんだが、
切り倒して離れを増築して、そこにAさんの部屋があった。
Aさんの部屋はフロアの端なんだけど、手違いか何かで、
廊下がAさんの部屋を取り囲むような、変な形にあった。
で、ただ余らせておいても勿体ないんで、
物置代わりに荷物やなんかを置いて利用してたらしい。
Aさんの机は、その物置代わりの廊下に面して置いてあった。
ある日の夜、Aさんが机に向かって勉強してたら、
その物置代わりの廊下のところを、行き来する足音がした。
かなり荷物が置かれていて、人が入れるスペースは
ないくらいだから、おかしいな、とは思ったようだけど
Aさんは気にしないで勉強を続けた。
そしたら丁度、机の真ん前辺りでふと音が止んだんで、
ん?と思って顔を上げたら、目の前の壁から男の顔が突き出してた。

どうやらこの人、そういう体験(特にその家で)が多いらしく、
10歳くらいの知らない男の子が部屋中走り回ったり、
Aさんに直接ちょっかいかけてくるような事もあったとか。
そのたび金縛りに遭うし、何回も出てきて不気味だったから
ベッドの周りに塩をまいて、結界をつくっておいたそうな。
で、やっぱり夜ベッドでくつろいでたら、その男の子が出てきた。
出てきたはいいけど、結界のせいでベッドに近付けないようで、
男の子は結界の周りをうろうろ、行ったり来たり。
Aさん、勝ったような気がしてにやり。
その途端、男の子が結界に一歩足を踏み入れた。
Aさんがあっと思ったら、男の子もにやりと笑って

「無駄なんだよ」

25: 2/2 2007/07/07(土) 02:44:55 ID:0JU6MCcd0
別の従妹の話。

その日は、うたた寝かなんかしたらしい。
横ばいになって、右手は折り曲げて顔の横、
左手は日が眩しかったのか、左目を覆うような感じで顔に被ってた。
ふと目が覚めたら、部屋の中が真っ赤になってて、体も動かない。
しかも赤ん坊の泣き声がする。
扉の方へ目を向けると、赤ん坊抱いた女性が立っている。
もちろん、この時家に赤ん坊なんかいなかった。
それで、もともと金縛りやなんか遭いやすいこともあって、
怖くなって、目をつぶって消えるのを待ってた。
が、赤ん坊の泣き声は止むどころか、どんどん大きくなってくる。
どうやらその女性、赤ん坊抱いたままベッドに近寄ってくる様子。
もうガクブルで「消えろ消えろ消えろ消えry」とひたすら念じてたら
ふと泣き声が止んで、金縛りも解けた。
で、ほっとして目を開けたら、顔に被ってる左腕の隙間
(つまりこの子の右目だけ出てる部分)の、逆側から
貼り付くようにして、その女の人の目が覗いてた……という話。

気を失ったんだか、気が付いたら同じポーズのまま固まってたらしい。
話そのものより、その時の従妹のポーズ取らされ、
「ここから目がこうやって……」つって実演されたのが
スッゲ怖くて悲鳴あげてしまったw 是非お試しあれ
長くなってごめんね

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク