シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】数年前に亡くなった私の曾祖母は、霊感のようなものがあるらしく、悪霊払いなどをしていた。 曾祖母は若いころ、深い山の奥で遭難したそうだ。 その時、曾祖母はある物とであった。 白い着物を纏う長身の青年。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

47: 本当にあった怖い名無し 2007/03/05(月) 08:25:24 ID:dXjhITLfO
数年前に亡くなった私の曾祖母は、霊感のようなものがあるらしく、悪霊払いなどをしていた。

曾祖母がかつて話してくれた。
曾祖母は若いころ、深い山の奥で遭難したそうだ。
その時、曾祖母はある物とであった。
白い着物を纏う長身の青年。
山中にいたとは思えない清らかさとただならぬ気配。
曾祖母はもののけの類かと思い、死を覚悟した。
しかし、青年は自らを神と名乗り曾祖母に帰りの道を教えてくれた。

村に戻った曾祖母は、老人達にその事を話した。その山はかつて霊山とされ、山中に祠があるはずだという事だった。

それ以降、曾祖母には霊感が備わったという。
これは神様が皆を助ける為に授けて下さった力なんだ、と曾祖母は言った。

数年後、曾祖母は眠るように息を引き取った。
葬儀には、かつて曾祖母に世話になったという人が多数集まった。
私には不思議な力なんてない。それでも私は曾祖母の様に慈しみをもって生きていきたい。

怖くない上に長文でごめん。

48: 本当にあった怖い名無し 2007/03/05(月) 09:16:13 ID:IXsG3eDsO
>>47に曾祖母ネタで便乗。

うちがどんな家系なのかはよく分からないけど、曾祖母には『かんのむし』を抜く力があったらしい。(勘の虫、かな)
私はものすごい夜泣きの酷い赤ん坊で、母親が疲弊しきった頃に曾祖母が『その子は「かんのむし」が強いから抜いてあげる』
と言われ、母親はその儀式(?)を見たかったんだけど次の日の早朝にさっさと抜かれてしまって見られなかったんだそうだ。
(ちなみに曾祖母が言うには、両手の指先からニョロニョロ~っと何かが出てきてそれをブチ切るらしい)
その日から夜泣きがぴたりと止んだのは確かで、母親はすごく不思議だったと聞いた。

後で他の誰かに『かんのむし=霊感』と聞き、もしその時に抜いてもらわなかったら今頃霊が見える体質だったのかな…と思うと
怖がりの自分としてはほんのり怖い。

54: 本当にあった怖い名無し 2007/03/05(月) 15:48:44 ID:ZUUc1RI8O
>>48
ぬ~べ~であったな

50: 本当にあった怖い名無し 2007/03/05(月) 10:14:56 ID:MvNjkjd80
手のひらを塩揉みすると指先からにょろにょろ
っていう疳の虫の話があるよな
実際なんでそれが効くんだろうか

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172902607/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク