シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】A「お母さん、小さい女の子の霊が私に遊ぼうって言ってくるの。」 A母「え???」 A「いるんだよ、私には見える。今、そこ通った。」 A母「あんた..,どうしちゃったの」 最初は、寝ぼけてるのかなと思ったくらいだったらしい。 でも、そうでは無い事に段々気がついていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

566: 本当にあった怖い名無し 2007/01/13(土) 11:54:59 ID:2sZ0jE9K0

母の知人の娘さん(Aさん)が体験した話。

Aさんは、見るからに優しい女の子で(実際ものすごい優しいコらしい)
今は、もう20代中盤ですが、この体験は、
Aさんが小学校高学年~高校生くらいまで絶えず体験された話です。

Aさんは、小学校高学年くらいの時、家族で田舎に帰省した。
そして、帰ってきてから変な事を言うようになった。
A「お母さん、小さい女の子の霊が私に遊ぼうって言ってくるの。」
A母「え???」
A「いるんだよ、私には見える。今、そこ通った。」
A母「あんた..,どうしちゃったの」

最初は、寝ぼけてるのかなと思ったくらいだったらしい。
でも、そうでは無い事に段々気がついていく。

568: 本当にあった怖い名無し 2007/01/13(土) 12:44:46 ID:2sZ0jE9K0
女の子の霊は、やはり夜に出てくるらしく、
Aさんが寝ようとすると
「お姉ちゃん、遊んで?私と遊んで?」
と構ってほしそうに擦り寄ってくるんだという。
時には、天井からAさんを悲しそうに見つめてくる時もあった。

とにかく、甘えたい、遊んで欲しい、かまってほしい
という女の子の寂しさを知ってからは
Aさんは女の子が出てくるのが怖くなくなてきた。
試験勉強をしても、ご飯を食べていても、寝ようとしても
女の子はAさんに、付きまとってニコニコしてる。
遊んで欲しそうに、Aさんを待っている。
Aさんの母も、何年もそういう状況だから怖くなくなってきたらしい。

あるとき、全員布団に入ったはずなのに、台所の方から
小さな子が走り回ってる音。(団地なので台所が近い)
となりで驚くAさん母にAさんは
「あのコが、台所で一人で遊んでる音だよ。」
とスグに言ったらしい。

569: 本当にあった怖い名無し 2007/01/13(土) 12:50:29 ID:2sZ0jE9K0
そんな事が何年も続くので、あるとき
Aさん母とAさんは、霊能者の人にみてもらったらしい。
霊能者は
「田舎に住んでいた、Aさんの遠い親戚に
無縁仏にされてる可哀想なお墓があるハズです。
そこは、ほとんど何も手入れされてなく、
両親がお墓に来る事もめったに無い。
このコは幼くして亡くなり、そのお墓に入れられてますが
寂しくて成仏できないのです。だから、田舎に帰省したとき
Aさんについて来てしまった。」
と告げたらしい。

570: 本当にあった怖い名無し 2007/01/13(土) 12:55:57 ID:2sZ0jE9K0
最近、その霊が出ているのかは知りませんが
5、6年その状態が続いていたのは確かです。
とても可哀想な女の子の霊、
とっても寂しかったんだろうなあ、と思います。

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1166467834/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク