シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】ある日、両手両足のない少年は泥だらけで家に帰ると、興奮を抑えきれないような声で、母親に言いました。 「ねえ、おかあさん、すごいんだよ。今日僕みんなと一緒にラグビーをやったんだ。」 母「へえ、よく仲間に入れてもらえたね」「うん、だって僕は…」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

743: 本当にあった怖い名無し 2006/12/09(土) 08:40:46 ID:TKA6a1FN0
あるところに事故で両腕両足を失った少年がいました。
しかしその少年は周りの人に心配をかけないためか常に明るい笑顔を絶やしませんでした。

そんな少年も、みんながグラウンドを走り回っているのを
車椅子から見ていると、少し寂しそうでした。

そんなある日、少年は泥だらけで家に帰ると、興奮を抑えきれないような声で、母親に言いました。
「ねえ、おかあさん、すごいんだよ。今日僕みんなと一緒にラグビーをやったんだ。」

母親は驚いて尋ねます。
「へえ、よくみんな仲間に入れてくれたねえ。」
少年は笑顔で答えました。

「うん、だって僕はボールの役だったもん」

750: 本当にあった怖い名無し 2006/12/09(土) 13:01:02 ID:9j9NftDx0
>>743
みんなと野球をやって、「僕ホームベースの役だもん」バージョンを知ってる。

744: 本当にあった怖い名無し 2006/12/09(土) 09:28:08 ID:X0Wx4JBkO
コピペだろうが悲しいな。

745: 本当にあった怖い名無し 2006/12/09(土) 09:30:29 ID:CoKIKiJo0
病院には奇形児&未熟児として生まれてきた子ども達が集められた部屋があるらしい。
プチ開かずの扉みたいに扱われているんだけど、その部屋の掃除のアルバイトに誘われた人の投稿。

赤ん坊、表に出せないほどの奇形っぷりでぱっと見は怖いんだけど、
別に襲ってくるわけでも無し、見慣れれば可愛く思えてくるそうな。
ところがその人がバイトを続けられなかった理由は、各赤ん坊の枕元で、
無言で延々と編み物をしている母親達の不気味さだったという。
会話が一切無い部屋…。
耐えきれなかったって。

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1162909657/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク