シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】某大手企業の深夜清掃員のバイトをしていた時、しょっちゅうビル内の探検をして遊んでいた。ある日、オレンジ色のガラスの自動ドアを発見した。中に入ると、『プシューッ』と再び扉が閉じ、左右天井の無数の穴から一世に 『ブゥァー!』と空気が出てきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

74: 本当にあった怖い名無し 2006/11/11(土) 05:33:41 ID:7vHJH2wzO
昔、某大手企業の清掃員のバイトをしていた。
仕事は夜6時から朝5時まで。
夜中の1時ぐらいまでは残業している社員がいるから、まじめに清掃しているフリをして、社員が帰った後は清掃員仲間と隠れんぼやビル内の探検をして遊んでいた。
ある日、社員が全て帰った夜中3時過ぎ、いつものように探検をしていた。
大企業だから凄く建屋内が広く、面白い。
『今日は南B地区行こうぜ!』と仲間の一人が言った。
この南Bとは、この企業でもエリート社員しか入れない場所だった。
俺達は懐中電灯片手にワクワクして突撃した。
まぁ、いざそこにたどり着くと、何のこっちゃない只のコンピュータルームだった。
さすがにコンピュータをいじってはイケないので、
『つまんね!帰ろうぜ!』と言うと、仲間の一人が
『おい、あれなんだ?』と言いながら懐中電灯の明かりを当てた。
そこを見てみると、オレンジ色のガラスの自動ドアがあり、扉の中心に『VAIO●●●』と何やら英語で表記されていた。
ゆっくりと近づいてみた。
しかし、扉の前に立っても開かなかった。
『なんだろ?この扉?』といいながら、扉中心の英語を指でなぞると
『プシューっ』と扉が開いた。

75: 本当にあった怖い名無し 2006/11/11(土) 05:48:55 ID:7vHJH2wzO
一瞬驚いたが、扉の中はトンネルのようにオレンジ色の光が点灯し、左右と天井に無数の穴が開いていた。
『なんだ?』と俺が一歩入った途端に
『プシューッ』と再び扉が閉じ、左右天井の無数の穴から一世に
『ブゥァー!』と空気が出てきた。
俺は慌てて扉を開けようとしたが、全くビクともしない。
外側から連れが開けようとしているようだが、全く開く気配が無く、穴からは空気がズーット吹き付けられていた。
俺は『俺、死んじゃう?』と軽くパニクっていたら、空気の噴射がピタリと止み、奥の方から
『ウィーン、ガチャ!』と扉が開く音がした。
ここからは見えないが、通路がかなり奥まで繋がっているみたいで、とりあえず、扉の外にいる連れにジェスチャーで
『奥に出口ありそう!』と伝え、俺は奥に小走りで向かった。
20メートル程進むと、入口と同じような自動ドアが開いていた。
俺は再び扉が閉じると怖い!と思い、慌ててドアをすり抜けた。

俺が通過するとすぐに扉はピシャリと締まった。
その部屋は薄暗い紫っぽい明かりで照らされた、体育館ぐらいの広さで、中央に大きなタンクのような物があった。

77: 本当にあった怖い名無し 2006/11/11(土) 06:05:35 ID:7vHJH2wzO
俺は取り敢えず出口を探したが、来た通路以外は何も扉が無かった。
出てきた扉の中心を指でなぞると、再び
『ウィーン。』と開いた。
やった!戻れる!と思ったが、俺はこの部屋にあるタンクが凄く気になった。
幅は10メートル、高さは10メートル以上あるだろうか?

俺は何かに惹かれるようにタンクに近づいた。
タンクの横に人一人がギリギリ通れる程の螺旋階段が取り付けてあった。
階段脇に何やら看板が打ち付けてあり、英語?みたいな文字で何やら書いてあった。
俺は恐かったが、好奇心に後押しされ、螺旋階段を登った。
螺旋階段は、タンクの頂上まで続いていて、登頂はタンクの上に繋がっていた。
タンクの上まで行くと、タンクの上部中心にENTRANCE?かENTER?かが書かれた扉があった。
扉にハンドルのような物がついていて、開けてみようと、握った瞬間、扉の横に液晶画面がついていたのが光りだし、
『search・search・search・』みたいな文字が光ったと思うと、数字が出て来て
『38・・・49・・・57・・・64・・・79・・』
と表示され出し、最後に
『OK!』
と表示され扉が開いた。

79: 本当にあった怖い名無し 2006/11/11(土) 06:14:33 ID:7vHJH2wzO
タンクの扉が開き、
俺はゆっくりとタンクの中を覗いてみて、
心臓が止まるかと思った。
最初はわからなかったが、タンクの中に人がいた。
いや、
人?ではないのか?
人ではないだろう。
形は確かに人間だが、
大きさが、このドデカいタンクと同じほどある!
ロボット?
いや、ロボットというよりは肌感が見た目は人間の皮膚のような感じで、曲線もあれば、シワのようなものもある。

なんだこれ・・・

まぢまぢとみていると、得体の知れないそいつの肩に何か入れ墨のような物が彫られていた。

うろ覚えだが
『eVA』と書かれていたと思う。

今だにあれが何だったのかわからないが、不思議なものを見た。

カヲル

80: 本当にあった怖い名無し 2006/11/11(土) 06:16:18 ID:DMijC2gL0
>>79
ほんのりと笑った

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1162909657/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク