シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】その漫画家の仕事場はお寺の裏にある貸し一軒家で、「開かずの間」があった。アシが「仮眠室の隣から音がする」と言い出し、調べに入ることになったが…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

699: 本当にあった怖い名無し 2006/08/16(水) 15:05:36 ID:3i2qOmPf0
随分前のこと、某年ジャンプの漫画家Tのアシをしていた、知人Aから聞いた話。

Tの仕事場はお寺の裏にある一軒家で、その家に「開かずの間」があったそうです。
大家からは物置だから気にしないでと言われていたし、
TとAはオカルチックなことに興味ないので、二人とも気にせず仕事をしていました。
ところがある日入ってきたカラー担当の美大生が、
「仮眠室の隣から音がする」と言い出し、気になったTは大家に話して、
外からその部屋を調べました。
しかし部屋には古新聞の束があるだけで、他には何もなかったそうです。

そしてそれは締め切りが三つ重なった多忙な日のこと、アシを二人増員して
Aと美大生がこれから続く徹夜に供えて仮眠をとっていた時でした。
「コンコン」というノックが聞こえたので、Aは交代の時間かと目を覚ましましたが、
ドアは開けっ放しで誰もおらず、隣の美大生は唸りながら寝ていました。
美大生が苦しそうなので起こそうかと思った時、今度はもっと強く
「ゴンゴン」と音がして、それは開かずの間の壁から聞こえたそうです。
「ゴンゴン」と音が十秒程の間隔で鳴り止まないので、
半分寝ぼけていたAは少し腹が立って、その壁を一度ドンッと蹴りました。
するとまた十秒経ってから、今度は「ドンッドンッ」と蹴り返してきて、
Aがもう一度壁を蹴ろうとした時、突然美大生が「やめろ!」と叫んだそうです。
Aはそれでも最後にもう一度壁を蹴りました。その瞬間、
「ドシーーンッ!」という凄まじい振動で家全体が揺れ、
その時仮眠室の窓ガラスが外へ向かって粉々に割れたそうです。
音はその一度だけで、被害はガラスと壁のヒビだけでした。
しかしその数日後に美大生が交通事故で亡くなり、Tはその時のアシを全員を呼んで、
Aも一緒に隣のお寺でお祓いをしました。もちろんT達は仕事場を変えましたが、
その後すぐに一軒家は取り壊されたそうです。

終わり

718: 本当にあった怖い名無し 2006/08/17(木) 00:27:31 ID:2FgNwN8C0
>>699
その漫画家Tって、もしかして寺沢武一氏?
だったらその話なんとなく信用できるかも。
俺もそんな話を聞いたことあるから。

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154061843/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク