シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【一人暮らしの怖い話】友人の実家

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

一人暮らしの怖い話…part14

596 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 18:04:20 ID:F9cG8Xr50
期間限定で実家に1人で住むことになった友人の話。

友人の家は一軒家。
隣に墓地があったり、家の前が三辻だったりと、なんか怪しげ。
友人自身、よく「この家、幽霊が出るんだよ~w」なんて話していた。
家にはもう20年近く住んでいるため、1人になる事にも不安は無かったらしいが、
実際に1人で住んでみると、今まで知らなかった異変の多さに驚いたとか。

・夜中に自室の窓を叩く音。(自室は墓地に面してる。これは以前からあったのでスルー)
・風呂で頭を洗っている際、窓を見ると人影。(風呂も墓地に面してる。これも以前からryスルー)
・風呂の湯を抜かずに就寝→朝、尋常じゃない程に濁った湯。(1度じゃない。風呂は毎日入る)
・夜中に門を開け、家の周りをぐるぐると回る足だけの何か。
・誰も居ない筈の兄弟の部屋から聞こえる足音。
・誰も居ない筈ry父母の部屋から聞こえる話し声。
・逢魔が刻に家の前に立っている老婆(生きてない)。

覚えているのはこれくらいだけど、自分だったら1日目に気絶する。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする