シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】反抗期

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?28

622 :1/7:03/02/23 01:50
俺が高校の頃に見た、かなり鮮明で怖かった夢。

俺は学校から帰る途中だった。
その頃かなりの反抗期で、親、いや、家族全員が俺にとって邪魔者という感じだったのだ。
母はいつもおせっかいがうるさくて、何よりしつこい。弟も弟でウザい。
父はまだ何も言わない方なのだが、母がいる時だけに限って厳しくなる。
そんな家族に俺はだんだん嫌気がさしてきたのだ。

そして家に帰る。
「おかえりなさい。ご飯できてるわよ」
「いらねーよ」
そう言って俺は部屋にこもった。いつもの事だ。イライラし過ぎて腹も減らない。
俺はベッドに入り、一人憂鬱になっていた。

623 :2/7:03/02/23 01:50
そして寝ようとした時、俺の部屋のドアが開いた。
何故か家族全員いる。しかも、みんな俺を見て、いかにも作り笑いという感じでニヤニヤしている。
…もうイヤだ、本当にウザい。俺の眠りまでを妨げる気なのか?…もう…イヤだ…。
すると母が言った。
「ねぇ、ねぇ、明日…」
「ウゼーんだよ!毎日毎日…!お前等の顔なんて、二度と見たくねえんだよ!早くドア閉めろ!」
俺はついにキレた。家族は悲しそうな顔をして、ゆっくりドアを閉めた。
「はぁ…」
俺は再びベッドに潜り、眠りについた…。

624 :3/7:03/02/23 01:51
気付くと朝になっていた。
どんなに家族の顔を見たくなくても、やっぱりメシは食わなければ死ぬ。
俺はしぶしぶ居間へ行った。
母は台所で朝メシの準備をしている。父は新聞を広げて読んでいる。
弟は朝からテレビに向かってアニメか何かを見ている。
俺は母に聞いた。
「メシは?」
母は振り返った。……俺は言葉を失った。
母の顔が無い。まるでツルツルの、のっぺらぼうの様な…。
「もう少しでできるわ」
「うわあああ!」
俺は叫んだ。それに驚いたのか、父も弟も振り返って俺を見てきた。
しかし、二人ともやはりのっぺらぼうだ!
「どうした?」
「お兄ちゃん、大丈夫?」
俺は怖くて急いで家を出た。そしてしばらく走り続けた。

625 :4/7:03/02/23 01:51
「ハァ、ハァ…」
息を切らすと共に、心臓は驚きの為かバクバクと鳴っている。
「あいつら…化け物だ…!何で顔が無いんだ…!?街行く人たちはみんな普通の顔なのに…!」
俺の心は恐怖に蝕まれた。
あんなの人間じゃない!あんなのとこれから一緒に暮らせるわけがない!あの化け物たちに何されるか分からない!
俺の心はだんだん黒く染まっていった。
「殺らなきゃ殺られる!」
そう思った時、俺の手元にはいつの間に鋭い出刃包丁があった。
そして俺は、決心して家の前に戻った。
「殺らなきゃ殺られる」
俺の頭の中にはその言葉だけが渦巻いていた。

626 :5/7:03/02/23 01:52
そして家に入った。後ろに出刃包丁を隠して、まず父の後ろに忍び寄る…。
その時、弟の声がした。
「お兄ちゃん!何持ってるの…!?」
しまった!バレた!俺はあせり、とっさに父をメッタ刺しにしたのだ。
「ギャアアアア!」
父はのっぺらぼうの顔のまま背中から大量の血を流し、死んだ。
のっぺらぼうだから、死んだ時の表情は見えない。苦痛は少し軽減した。
俺は少し恐怖心もあったが、殺ってしまったプレッシャーに勝てず、続いて弟もグチャグチャに刺して殺した。
弟は少し足をジタバタして、それから息絶えた。

そして俺は、一番憎たらしい母がいる台所へ向かう。
母は背を向けてまた何か作っている。
俺は憎しみを込めて、母の背中を「ザクッ」と刺した。
母は声をあげず、震えながらゆっくり振り向いた。
……え?のっぺらぼうじゃない…母の顔だ。
母は苦しそうにして、俺にただ一言残して息絶えた。
「ごめん…ね…」
その台所には大きなケーキが一つ。
真ん中に乗ってるプレートには『たんじょうび おめでとう』と、母らしい乱雑なつなげ字で…。

627 :6/7:03/02/23 01:52
俺は急いで父たちの所へ行った。
父も弟ものっぺらぼうなどでは無く、何が起きたのかよく分からないような表情で、
何か悲しそうに口から血を流して死んでいた。
弟の手には、まだスイッチが入ったままの思い出のゲームボーイが、電子音を鳴らしながら動いている。
「うわあああ!」
俺は叫んで泣き崩れた。
俺はただ一つの大事な家族を…俺の手で…みんな…!
俺は頭を抱え、顔を手で覆った。涙が止まらなかった。
俺が見ていた顔は幻覚だったのか?本当はみんな…こんなに俺を思ってくれてたんじゃないか!
俺は気付くのが遅すぎたんだ…。

628 :7/7:03/02/23 01:53
そして目が覚めた。俺はやっぱり泣いていた。
一瞬あせってすぐ居間に行ったら、いつも通り家族全員いる。
よかった。俺は何て夢を見てしまったんだ。

それから反抗期も去り、家族を嫌う事は無くなった。
しかし、その2年後。母は急に発作で亡くなってしまった。
何とその日は、偶然にも俺の誕生日だった。
そして、母が死ぬ直前まで作っていた手作りケーキを、父に見せてもらった。
そのケーキの真ん中に置いてあるプレートには、『たんじょうび おめでとう』と書いてあった。
そのケーキは、あの夢に出てきたものと全く同じものだったのだ。
何か分からないがものすごい寒気がした。
ちなみに、父も弟もまだ生きている。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする