シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

極道ちょっといい話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

死ぬ程洒落にならない話集めてみない?PART4!
413 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/03/31(土) 21:32
少なくとも当人達にはシャレにならない話
根本敬「人生解毒波止場」収録「極道ちょっとイイ話」より

.


かの奥尻島とも程遠からぬ、ある猟師町。
土地柄、「あわびの密猟」が任侠道の人たちのシノギとなっていた。
その日の晩も組の者があわびを獲っていたのだが、
その最中に例の大地震が起きたのであった。
しかし海中にいたためか、彼らは全く気づかなかった。
で、海から上ると何やら丘の方が騒々しい。
見るとパトカーが止まり、警官が立っている。
警官達「おめえら早ぐ来い 早ぐっ」(津波が来るから)
893達「みつかっちまった!逃げろ!」
警官達「あっバガヤロッ!どごさ行ぐ!」
組の者達は慌ててボートを漕ぎ、
闇につつまれた沖合に消えて行ったという。
港に津波が押し寄せたのは、それから数十分後の事であった。
以上。全くオカルトじゃないのでsage
でも好きなんだよこの話。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク