シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【山怖】倉庫の伯父さん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

∧∧∧山にまつわる怖い話Part9∧∧∧

261 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/05/24 01:03 ID:Yu7Z+HJN
知り合いの話。

彼は幼い頃、家の事情で山奥の実家に越したのだそうだ。
実家の村には小さな分校があり、そこに通うことになったのだという。
一学年が十人程度の小さな学校で、彼はなかなかそこに馴染めなかった。
「倉庫の小父さんと知り合うまでは寂しかった」と彼は言う。

校舎の外れに小さな倉庫があり、体育用具などが納められていた。
そこに、初老の小父さんが居ついていたのだそうだ。
なぜか彼以外の人には、その小父さんの姿は見えなかったらしい。
ああ、こういうことも有るんだな。と、当時の彼は不思議には思わなかった。

彼は寂しくなると倉庫に行き、小父さんと他愛もないお喋りをした。
小父さんは彼の子供っぽい話を馬鹿にすることもなく、煙草を燻らせながら頷いて聞いてくれたのだという。
彼曰く、「ずいぶんと救われた」ということだ。

卒業間近、他の学校と合併することになり、分校は取り壊されることになった。
小父さんが別れの挨拶をしたのはその頃だった。
「俺はここから動けないから」
理由を聞くと、小父さんはそう言って薄く笑った。
ああ、そういうものなんだな。と、彼は受け入れて別れを告げた。

校舎が取り壊された翌日、彼は倉庫があった跡地に行ってみた。
いくら待ってみても、もうそこには小父さんは現れなかった。
帰り道、気がついてみると泣いていたそうだ。

「あの小父さんは一体何だったのかな」
彼は懐かしそうにこの話をしてくれた。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする