シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】ルーシーの末路

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

後味の悪い話 その26

119 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 15:41:38 ID:G7UFJrw50
手話を覚えた(っていうか覚えさせられた)チンパンジー、ルーシーの末路の話。どこかのブログからのコピペ。

ルーシーはといえば、それまで頭に詰め込まれた単語をすっかり抜き取られ、ジャングルに解き放たれた。
チンパンジーの住むべき場所はそこだと、飼い主のジャニス・カーターは考えたのである。
しかし、ルーシーの意見は違っていた。
十一年間も人間社会で生活してきた彼女にとって、
眠るならいつものマットレスの上がいいし、飲み水はボトル入りのミネラルウォーターと決まっていた。
寝る前にマガジンラックの雑誌をぱらぱらめくるのも、ルーシーの楽しみのひとつだった。
そんな彼女が唯一嫌いなものといったら、キャンプしかない。
このため、ジャングルに連れてこられても、えさを一切調達しようとせず、
『エサ。ハヤク。ルーシーニチョウダイ。モット、エサ。ハヤク、ハヤク』とせがんだ。
ジャニスは甘やかされたやんちゃ娘を、ほとんど蹴るようにして森に追いやったうえに、
生きたアリの食べ方まで実演して見せた。

この話でとりわけ痛ましいのは、言葉を奪われてしまったことである。
ルーシーがいくら質問しても誰も返事をせず、話をしても知らんぷりだった。
二年後、昔なじみがアフリカのルーシーのもとを訪ねると、
彼女は囲いの端に駆け寄り、手話で『オネガイ、タスケテ、ココカラダシテ』と救いを求めた。
もちろん、それはむなしい願いでしかなかった。

嫌な話。暗澹たる気持ちになる。

128 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 17:21:32 ID:MIylgEuj0
ググったらこんなもん出てきたよ
ルーシーだけじゃないんだな・・・

悲劇のチンパンジー―手話を覚え、脚光を浴び、忘れ去られた彼らの運命
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886222455/249-3704375-2485135
>本書は、言語実験の衰退にともなって離散したチンパンジーたちのその後の消息を追跡した記録である。
>彼らの運命はさまざまであった。
>テキサスへ「島流し」にされたニム。商品として売られ、身元不明になったアリー。
>生まれ故郷のアフリカへ送られたルーシー。
>かつて手話を覚え、脚光をあびた彼らは、一時的にもてはやされ、そして忘れられた…。
>彼らのたどった旅路は、人間の動物に対するあいまいな道徳観や、
>その時どきの科学の情勢によって強いられた巡礼の旅であった。
>この本は、研究者の実験動物に対する倫理の問題を投げかけている

129 :本当にあった怖い名無し:2005/05/06(金) 17:29:22 ID:5uzdv3A40
つまり、ルーシーを自然に帰す事になったのは愛護精神からではなく、
チンパンジーの言語実験が衰退した事によって、もう研究対象として育てていけなくなったから…という、
人間の勝手な事情があったわけですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする