シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エレベーターの中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? PART6!
207 名前:ほんご 投稿日:2001/07/07(土) 00:53
これも出版物からの引用ですが…。うろ覚えなので多少本物の話と
違ってるところもあるかもしれませんが勘弁してください。

.


その日、残業を終えて私が会社から帰ってきたのは真夜中だった。
タクシーを降りてオートロックの玄関を入りエレベーターのボタンを
押したとき、外の非常階段を誰かが下りてくる足音が聞こえた。
「おかしいな?」普通なら例え2階に住んでいる人でも、わざわざ
非常階段など使わずにエレベーターを使うものだ。どことなく違和感を
感じた。しかしあまり深く考えずに、やってきたエレベーターに乗ろうとした。
つづく
210 名前:ほんご 投稿日:2001/07/07(土) 01:10
扉が開くと中には一人、女の人がすでに乗っていた。
『上から乗ってきてここ(1階)で降りるのかな』と思ったが
降りる様子が無い。『じゃあ地下の駐車場から乗ってきた人なんだろう』
と思ったが、なんとなく奇妙なのだ。彼女はさっきからずっと入り口に
背を向けて壁がわを向いたままなのだ。気味が悪いなと思ったが
そのまま自分の住む5階のボタンを押した。私たちを乗せたエレベーターは
5階に到着した。私は逃げるようにエレベーターを降り、部屋に
入ってカギをかけ、すぐに風呂に入った。
風呂から上がって、いつもの習慣でビールを飲もうと冷蔵庫を開けた。
ところが運悪くビールを切らしていたようだ。今夜はビールは
あきらめようとも思ったが、私にとって風呂上りのビールは欠かせない
ものであるし、ここから歩いてすぐのところにコンビニがあるので
面倒だが買いに行くことにした。適当に服を着て出て、エレベーターの
ボタンを押した。
つづく
211 名前:ほんご 投稿日:2001/07/07(土) 01:15
すぐに扉が開いたので乗り込もうとした私は凍りついた。
さっきの女の人がさっきと同じ姿勢で同じ所に立っていたのだ。
さすがにもう乗れない。
そう思った私はあわててエレベーターから離れ、廊下の突き当たりの
非常階段の扉へと向かった。
非常階段を降りる自分の足音をききつつ、さっき聞いた
足音の主も私と同じ女を見たからエレベーターに乗ることが
できなかったんだろうと納得した。
という話でした。
あまり落ちらしい落ちも無いですが、なんとなく怖い話だったので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク