シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】にんじん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

後味の悪い話 その29

51 :にんじん:2005/06/24(金) 00:14:39 ID:yEcnXXL+0
※『にんじん(仏語:Poil de carotte)』ジュール・ルナールの中編小説。

実母がヒステリーで、他の兄弟だけ猫かわいがりして、にんじんだけ虐待する話。
最後まで母は反省したり、バチがあたる事もない。
父や親戚も、母が怖いので表立ってにんじんをかばわない。
(裏ではフォローもしてくれるのだが、焼け石に水)
DQN一人勝ちみたいな内容ですわ。

実は戦争が終わった直後、
にんじん実母が相手国の兵士にレイプされて、身ごもったのがにんじんだった。 (だから家族の中で髪の色が一人違う)
だから生まれてきたにんじんには罪はないけれども、
実母や兄弟が冷たく当たるのにも理由があるんだよ~、
って話だった。

なんでこんなのが児童書なの?
これで何を学べというのか?
もしも子供がいたらこんなの読ませたくないな…。

55 :本当にあった怖い名無し:2005/06/24(金) 00:31:17 ID:BMEm8AXt0
>>51
あれは後味悪いな。作者の実体験が反映されてるだけに。

.

作中に、にんじんの本名は一度も出てこない。
誰も彼の名前を呼ばないからだ。
母親と兄姉にいじめられるが、にんじんは気にしないフリして生きている。
にんじんだから苛められる、苛められてもしかたない、と脳内変換して精神状態を保っている。

にんじんは、友達と思ってる同級生を苛め抜いて退学に追い込む。
でもにんじんに苛めた意識はない。
ただ自分が家族から受けた行動を、自分が愛してる人間から受けた行動を、大好きな友達にとった。それだけだ。
友達が学校から去っていく日、にんじんは大笑いする。
泣き方を知らないから、いつも家族に苛められた時と同じようにゲラゲラ笑う。
笑いながら窓ガラスを素手でたたき割る。

にんじんの、唯一の心の拠り所が父親。
父親だけはにんじんを苛めない。
だから愛情を知らないにんじんも、父親だけは別の感情を抱いてる。
でも最後の最後で、父親にも見捨てられるんだな。
結局にんじんはにんじんなんだ。
最初から最後まで鬱で救いがない。

たしかルナールが母親と不和で家庭でうまくいってなかった。
父親は猟銃で口を撃ち抜いて自殺、母親は井戸に投身自殺。
メンヘラ家庭なんだよな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする