シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】子どもの里親探し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

後味の悪い話 その39

336 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 18:36:41 ID:nozW0VZL0
人間の子どもの里親探しにも、後味悪い話よく聞くよ。

親戚のお姉さんが福祉施設に勤めてて、子どもが欲しいという人に孤児の斡旋をやってた。
ある時、30代くらいの夫婦が、男の赤ちゃんを欲しがってたそうだ。
お姉さんは何人かの赤ちゃんを見せたが、夫婦はピンとくる子がいなかった様子。
さんざんワガママ言って引き回され(これはお姉さん視点)、
最後には「やっぱり他人の子を育てる自信がなくなったので、やめる」と言われた。
当時、連日の過労の上に、夫婦の態度にキレてしまったお姉さんは、
勝手ばかり言わないで引き取れ、愛情は後から湧く、お宅のためにどれだけ時間取ったと思ってるんだ、
という意味の事を主張し、一人引き取らせた。

.

だが結局愛情は生まれなかったらしく、何度か奥さんから「戻したい」と連絡が来たが、
お姉さんは叱って受け付けなかった。
そのうち奥さんはノイローゼになり、子どもは気づくと栄養失調で手遅れ。
奥さんは病院入りで、旦那さんも会社での立場が悪くなってしまった。
お姉さんは遅蒔きながら「私のせいだ」とビビり、こっちも心身を病んで、
仕事を辞めて外国に行ってしまい、連絡がとれないという。

やっぱり、他者同士の絆をさらに他者が世話するのって難しいと思った。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする