シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】パリ万国博覧会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

後味の悪い話 その49

563 :本当にあった怖い名無し:2006/06/25(日) 00:55:38 ID:hDnTWhYj0
旅の母娘の話で思い出した。昔アンビリかなんかでやってた話。

パリかどこかの万博にやってきた母娘。手近なホテルに宿をとった。
ところがインドからやってきた二人のうち、母親の具合が悪くなってしまった。
娘は医者を呼びに行き、少しの間ホテルから離れた。
ホテルに帰ってきた娘はフロントに行き、部屋の鍵をもらおうとした。
ところがフロントは「あなた様は知らない」と言う。
「今出て行ったばかりの者よ!母に会わせて!」
と、わけのわからなくなった娘は、無理やり泊まっていたはずの部屋へ行く。
部屋に行けば母と荷物があるはずだから、証拠になると娘は思っていた。
だが部屋に行けば、母も荷物もなく出る前と内装すら違う始末。
「何か勘違いをしていたのでは」とフロント。
グルでからかっていると娘は警察に訴えるが、娘の言う証拠は何もない。
キチに思われた娘は精神病院に入れられてしまう。
「私が合ってるはずなのに……」と、本当に娘は病んでしまう。

で、しばらくして娘に一通の手紙が届く。
あの時、本当は娘の言っていることのほうが正しかった。
何故あんなことをしたかというと、母親は実はペストになっていたのだ。
万博が始まる前に、ペスト患者が出たなど言えるはずもない。
医者が娘よりも先に駆けつけたとき、既に母親は虫の息ですぐ息をひきとった。
そこで、具合の悪い者などいなかったことにしよう、ということになった。
こっそり母親の遺体と荷物を持ち出し、部屋の内装まであっという間に変えて、
後は娘をキチ外にすればいいだけという計画があったようだ。

娘悲惨すぎ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする