シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】DQNと優等生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

【ようやく】後味の悪い話【金曜日】(その13)

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 10:24
イジメで思い出した、後味の悪いというか何と言うかな話。

.

あるDQNとして有名な少年達が、優等生で柔道部のキャプテンのA君を殺害。
当初はA君の親も出てきて、
「何故、うちの息子のような子がそんな不良に殺されないといけないのか」みたいに出てきていた。
しかし、捜査が進むに従って明らかになった事実はこうだった。
犯人の少年達のDQN行為は、A少年によって強制されていたのだ。
Aは柔道部のキャプテンだけあって力も強く、成績もよかったので先生もノーマークだったので好き放題していた。
犯人の少年達に万引きや恐喝を強要し、奪ったものや金銭はAがすべて自分のものにした。
また、犯人の少年達に女子に対するわいせつな行為を強要した。
このことは被害者の女子だけでなく、犯人の少年達にも深い傷を残している。
このような事が積み重なり、耐えられなくなった少年達がAを殺したのだった。
少年達は、
「このままいけば、いつか恐喝などで警察に捕まるか、逆らってAに殺されるかどっちかだと思った。
 この状況から抜け出すにはAを殺すしかないと思った」
と語ったという。
そのうち、少年達だけでなく同級生の間からもAの残忍な話が出てきて、以上の事が事実であると確定した。
当初は遺族として顔を出していた両親は顔を出さなくなり、
最初は被害者として名前と顔写真の出ていたA少年も匿名報道になっていった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする