シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】親が事業で失敗して激貧になった友人の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

後味の悪い話 その80

46 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 19:37:48 ID:HymLU9WyO
実体験を一つ。

小学生の頃、同級生に親父さんが事業で失敗、激貧になった友人aがいた。
俺んちも貧乏だったが、
毎月貰えるこづかいで、駄菓子屋へaを連れて麩菓子買って半分づつ分けて食べたり、仲良く遊んだりしてた。

何年かして、aの親父さんがいつまでも挽回できない現状に絶望して自殺。
aは親戚に預けられ転校。

高校の時、部活の大会で再会すると、有名高奨学生で成績は学年トップだと言う。
苦労しながら良く頑張ったと凄く感激して、
「昔は麩菓子半分づつ分けて食べっけ」と懐かしんで話をすると、
「自分より哀れな奴に恵んでやるのは気分良かったか?」

そんなつもりじゃ無かったのに…

56 :本当にあった怖い名無し:2007/12/15(土) 23:51:22 ID:HymLU9WyO
>>46です…
この一件があってから、人に親切にするのが凄く怖くなり、なるべく人に関わらない様になった。
親しい友人からは「最近、元気無いし何か暗いよ?」と心配してもらったが、
aの言葉が頭にこびり付いてたせいもあってか、
お前ら、俺を可哀想だと哀れんだ振りして優越感に浸ってんだろ?と思う始末。
楽天家な性格も幸いして立ち直れたけど。

.

社会人になってから、小学時代の先生が定年迎えるので仲間内でご苦労さん会を企画。
この先生が思いやりの塊みたいな人で、先生を見習ってaに優しくしようと思った。

58 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 00:41:26 ID:1/mSNaQYO
当時、先生はaの事を凄く気に掛けており、良く勉強を見てあげていた。
その会に他の友人が「aも来いよ」と声を掛けてあったらしく、開始に少し遅れてaが来た。
有名企業に就職したらしいと噂で聞いていたが、パリッとスーツを着こなして立派だった。
先生はそんなaを見て、
「辛い時代もあったけど、全てがお前の肥やしになった。
 立派になったお前を見れて、こんなに嬉しい事は無い」
と目を潤るませながら話し掛けると、
aも「先生のおかげです」と深々と頭を下げた。
「皆が俺を可哀想な奴だと見てくれたお陰で今の俺がいる。
 惨めな思いを全て『今に見ていろ』と言う気持に変えて今日まで来た」

aよ。それが恩師を目の前にして言う台詞か?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【後味の悪い話】親が事業で失敗して激貧になった友人の話』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2015/08/05(水) 14:26:55 ID:5905c1298 返信

    卑屈すぎるw
    頭だけで思ってろよ勘違い野郎

  2. 名前:匿名 投稿日:2015/09/29(火) 22:09:08 ID:45b3b8374 返信

    子供の頃に受けた心の傷はそう簡単に癒えるもんじゃない。見逃してやれ。

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/05/10(水) 20:56:02 ID:f159016c1 返信

    こういうクソはさ、例えどれだけ登りつめようと、自分の上のやつにはいつも見下されてると感じる 自分は他者を見下し続ける
    いつも自分を見下すやつか見下す相手しか存在しないから、どこまでいっても劣等感と歪んだちっぽけな選民思想の塊
    てっぺんなんて無いし、あったとしてもいつ引きずり降ろされるか怯えるだけ
    一生自分を憐れな人間にしてしまう、幸せを理解しない孤独な惨めな人間だよ

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/05/12(金) 15:57:48 ID:589fc6ab0 返信

    可哀想な奴だな。全て貧乏が悪い。