シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】ジジイと同居

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

後味の悪い話 その130

526 :本当にあった怖い名無し:2012/05/21(月) 00:03:34.45 ID:Tvok+H7x0
書いてみたら大した話でもなかったが実話フェイクなし、昨年祖父が亡くなった話。

俺の祖父(以下じじい)は還暦前に農業を早々にリタイアして、
年金も少なかったため暮らしが厳しくなり、実家から遠い他県に家建てて暮らしてた。
まだ30代だった俺の両親に引き取られ同居開始。
俺が小さい頃に突然やってきたじじいだが、俺は小さい頃は結構なついていたそうだった。
だが、小学生高学年になると、じじいが変に思えて遠ざけるようになった。小遣いのひとつもくれないしw
まず自分の話しかしないんだが、(俺が何のクラブやってるとか習い事だとか話しても、一切興味なくて聞かない)
じじいの自分の話というのはこの2つの話のみ。
1つ目は、自分の病気自慢。
と言っても実はどこも悪くはない。(勿論医者に行くが、問題無しで帰される)
やれ腹の調子が悪い、膝が痛い、頭痛がするような気がする・・・等、加齢によるもののような事を、
さも一大事のように、暇そうな家族を見つけては延々と1日中話す。
2つ目は、戦争の話。
戦地に赴いて戦ってきたらしい。
何年ぐらい、具体的にどこへ行ったか等詳細は話さないし、
いつも同じ話をただリピートするだけの代わり映えのない内容だが、
じじい疎ましく思いあまり話をしなくなった後も、戦争って大変だったんだろうなと思って、
俺もこの話はよく聞いてあげていた。
じじいを自分の祖父として敬う唯一の点だった。

527 :526:2012/05/21(月) 00:04:00.01 ID:WP4/Ts930
じじいがうちに同居してからは、じじいが“か弱い老人”を盾に前述の病気自慢を始終するため食卓が暗くなったし、
何よりじじいは60代だし元気そのもので俺にはか弱い老人には見えなかったし、
じじいが何か言う度に親父は「いい加減にしろ!」って突然キレてどっか行って、
その分愚痴がお袋と俺に回ってくるだけだった。
今思えば早く施設に放り込めば良かったんだろうけど、
親父は社会的地位がある職業で、保身もあったのだと思う。
俺が小さい頃は結構仲良かった家族だったが、
じじいが来てから親父はキレるしお袋はイライラして、余裕がなくなってる感じだった。
俺も家の中でずっと閉塞感を感じて、中学以降は家でほとんど家族としゃべった覚えがない。
大学で上京したら、以降ほとんど家に寄り付かなかった。
仮にも自分の肉親のじじいを、こんな風に蔑んでしか思えない自分自身も最悪だと思った。

.

そのじじいが、昨年末に98歳の大往生の末死んだ。
一昨年の12月に倒れ、自発呼吸が弱くなり、
医者にもう1ヶ月も持たないと言われてから寝たきりで1年間死ななかった。
お袋が一人で介護したらしい。
俺はじじいが倒れる前頃、残業続きで、たまに来るお袋の電話もほとんど折り返してなかった。
ここ1年電話が来なくなった事もなんとも思ってなかった。
じじいが寝たきりになった事を、お袋が俺には心配かけまいと知らせなかったようだった。

528 :526:2012/05/21(月) 00:04:22.00 ID:WP4/Ts930
通夜に間に合わず葬式には駆けつけた。
そこで先に来ていた何十年ぶりに会う親戚がじじいの話をしていた。
内容がおかしかったんで、俺は孫ですとは言わずに親戚からもっと詳しい話を聞いた。
じじいが繰り返ししていた戦争に行った話、あれはじじいの兄の事だった。
じじいの兄はちゃんと戦争に行って活躍し、帰ってきたらしい。
けど、じじいは招集されたものの、精神に問題ありとしてすぐ帰されたらしい。
俺はじじいを疎ましく思う自分が最悪だと思ってきたが、この話を聞いてなぜか笑ってしまった。
出棺の前、最後に故人にお声掛けをお願いします、みたいな奴の時、
馬鹿らしくなって、気が付いたら「この嘘つきじじい」って口を滑らせてた。
親父はずーっと「やっと死んでくれた」って言ってたな。

んで、四十九日が済んだ後、親父とお袋が離婚した。
お袋は今別人のように明るくなって、新しい趣味に没頭したり旅行行ってる。
先月会った時、
「色々あったけど、きちんと最後までお義父さんを看取れたから、今は後悔はない」
って言っててホッとした。
お袋の実家は寺だったから、変な義務感と、
あのじじいを1人にしたら生きていけなさそうで可哀相って変な同情心で、
寝たきりになってもなんとか頑張ってたそう。
親父は引きこもりになって独居老人になりつつある。

以上、文章めちゃくちゃですまないw
家族皆それぞれ悪い所はあったが、じじいがいなけりゃもう少し幸せな家族だったのかな、と。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする