シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】光とともに…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

後味の悪い話 その44

412 :本当にあった怖い名無し:2006/03/28(火) 15:58:40 ID:Zud6vbTgO
篠原りょうこが出てた自閉症の子供の『光とともに…』ってドラマが確か後味悪かった気がする。
だけど説明出来る程覚えてもないので誰か代わりに頼みます(‘A`)
塩メロン味美味しいよしか覚えてない…

13 :本当にあった怖い名無し:2006/03/28(火) 16:39:50 ID:NjhMkcKB0
>412
私もウロ覚えですが。

『光とともに…』は、自閉症の息子・光を持つ母親(篠原涼子)の話。
最終回で、それまでお世話になってた養護学級の先生(小林聡美)が転任することに。
新しく来た先生(片桐はいり)はどうも自閉症に理解がないらしく、
人のいない所では「養護学級なんて面倒くさいわね~」というような態度。
それでも光と初対面する時には、「これからよろしくね!」と元気よくあいさつする。
だが大声を出されるのが苦手な光は新しい先生に怯えまくり、
母親の「この先生大丈夫かしら…」というような表情で終わり。

.

414 :本当にあった怖い名無し:2006/03/28(火) 17:04:06 ID:9YCjsCGq0
>>412
413に補足
本当は、光ともしっかりやっていけそうで、親も安心していた先生に決まりそうだったんだけど、
校長が倒れたことでその話がなくなったため、他の先生(片桐はいり)に決まった。
決まりかけてた先生は、光が描いた、一見何を書いているかわからない絵を、
一目でトマトが書かれてるって見抜くくらいだし、やさしそうな人だったのに・・・。
最終回にわざわざそんな展開にした制作側も後味悪い。

416 :本当にあった怖い名無し:2006/03/28(火) 18:02:23 ID:EQRhwBhw0
最終回がそれなのかよ!

原作ではその後無理解な先生も、だんだん自閉症に対する知識を得ていい感じになってくよ

437 :本当にあった怖い名無し:2006/03/29(水) 01:00:53 ID:RhWBvx380
>>414
それでこの実話思い出した。

心を病んだ小学生の女の子がいて、その子は母親を幼い頃に失っている。
変な絵や詩を書くが、ほとんどの教師には意味不明。
だけど一人だけ理解できる先生がいて、少女は少しだけ心を開く。
そのうち少女は、死んだ母親はじつは生きているという詩を書き始め、段々と心を開き始める。
ところが理解力のあった教師が異動。
新しい教師は少女に「お母さんは死んだのだから、現実を見つめなさい」と言う。
少女の精神はそのとき以来、止まったまま。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする