シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【時空の歪み】小学校の同窓会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

時空の歪み(実質10)

101 :本当にあった怖い名無し:2010/05/24(月) 18:53:16 ID:9azQ4H+u0
何から説明しようかな。
先日、小学校の同窓会があって、出席率のいい我がクラスは物故者以外全員出席。ヨボヨボながら、恩師も健在。
○○小学校6年2組のメンバー勢ぞろい。
…で、持ち寄った小学校アルバムの全員集合写真を指さしながら、
「これは誰それ、それは誰それ」と、微笑ましく名前を読み上げる恩師。
ああ、よく覚えてくれてるなあ、とン十年ぶりの恩師に感動しながら見てたら指が止まった。
悲しそうに「すまん、この子はどうしても思い出せん」。
で、みんながそれを誰だか当てようとしたけれど、皆思い出せない。
そのうちに、名簿と人数と、顔と照らし合わせていったら、一人多かった。
ところが、集合写真ばかりじゃなくて、遊んでたり笑ってたりする写真にもその男の子あちこちに写っていた。

俺ら全員、恩師も含めて記憶のないその子の存在に、なぜか胸に引っかかる物を覚えたまま帰宅。
「思い出したら教えてくれよ」と、互いの電話番号も交換して別れたのだが、誰からも情報は届かない。
一人だけ、どこか時空の歪みに入ってしまって、俺らの記憶からも消えてしまったのだろうか?
などと、荒唐無稽な事を考えている自分50代。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【時空の歪み】小学校の同窓会』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/03/19(日) 10:27:18 ID:b38504e8e 返信

    真相はきっと別の意味で恐ろしいことなんだろうね。
    都会から親の転勤で越してきたか何かで村八分になって、いわゆる「社会的不可視」化されていたんだろう。