シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【意味が分かると怖い話】久しぶりに来た公園

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

意味が分かると怖いコピペ 其の参

58 :本当にあった怖い名無し:2010/06/21(月) 22:43:39 ID:CMYtwyY80
私は久しぶりにこの公園に来た。
幼稚園の隣の小さい公園。
あるのは滑り台と、砂場と、ジャングルジムと、鉄棒と、ブランコ。
幼稚園と公園は隣接していて、西が幼稚園、東が公園、北側にはアパートがあり、南側は道路になっている。
公園の真ん中らへんに砂場があり、滑り台と鉄棒はアパートの方に、ジャングルジムは東の端に、
ブランコは道路の方にある。
道路を挟んで公園の向かいには、くすんだ窓の付いた小さい物置のような建物がある。
私がブランコに乗っていると、前からトラックがやってきた。
こんな狭い道路を、あんな大きなトラックが通るのは大変だなぁ、と思いながら見ていた。
トラックが過ぎた後も、たまに車が通り過ぎていった。
ふと、ブランコの真横の物置のような建物の窓を見ると、男の子と目があった。
内心ドキッとした。でもすぐに、男の子の顔が描かれた『とびだし注意』という標識であることに気づいた。
どうやら物置の中にしまわれているらしい。
何故しまってあるのだろうか、壊れたのだろうか、と少し考えてしまったが、
標識はしまってあるのではなく、ちゃんと道路に建っていた。
窓がくすんでいるせいで、倉庫の中にあるように見えただけだった。



















337 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 04:30:27 ID:VI3xpxZj0
>>58
南側は道路になっている→
公園だった南側の場所が一部、道路に変わっている

前からトラックがやってきた→
ブランコのあった場所は道路になっている

トラックが過ぎた後も、たまに車が通り過ぎていった→
「私」とともにブランコも存在しないので、車がすり抜ける

ブランコの真横の物置→
道路になっている場所にブランコがあったとすると、物置がブランコの真横という位置関係が成立する

物置のような建物の窓を見ると、男の子と目があった→
公園から道路にむけて標識を立てれば、
存在しない「私」とブランコをすり抜け、真横に位置する物置の窓に標識が映る

内心ドキッとした →
以前は存在しなかったものだったので誤認した

窓がくすんでいるせいで、倉庫の中にあるように見えただけだった→
標識は公園から道路に向けて立っていて、窓に映っている
(標識、私、ブランコ、窓は、直線上にあるが「私」「ブランコ」は映らない←存在しない)

怖い要素→
語り手となっている「私」はすでに死んでしまっている

トリック→
以前と現在では公園の地形が変わっている

と考えるとスッキリまとまります・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする