シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】資金練り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
wpid-zVbc7Yr
過去の人気記事

【ぬるぽ】後味の悪い話【・・・】(その14)

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/07 19:49
僕の家は自営で町工場をやっています。
父が創業者で、2年前に長男の僕が後を継ぐということで入りました。

それは去年の春先のこと。毎晩毎晩父と母が資金繰りのことで喧嘩をしていました。
吹けば飛ぶような町工場ですから、いままで潰れずに続いていたのが不思議なくらいです。
僕はここ数ヶ月、頭痛と下痢に悩まされてしました。
それは会社の経営が行き詰まっているため、精神的なものだと思っていました。

ある日、飲み会があり、家に帰るのが夜中になってしまいました。
腹ごしらえも済ませてしまったので、その時残っていた僕の分の夕飯を飼っている犬に与えたところ、食べようとしません。
小犬が食べようと近づくと、親犬が食べさせようとしません。
おかしいなと思いましたが、酔っ払っていたのでそのまま寝てしまいました。

.

3月末の決算が近づき、書類に目を通していると、
前年度の5月から会社が僕にかけている生命保険の掛け金が、べらぼうに高くなっている事を発見しました。
その時もそのまま確かめずに、決算書に素直に記載しました。

親と同居だったのですが、8月からアパート住まいをはじめました。
そしたら、頭痛と下痢がうそのように治ってしまいました。
気分もさわやかになり、がんばって営業も精力的に回り、年の暮れあたりからIT関連の部品加工が伸びてきました。
おかげさまで借金も減り、明るい展望が見えてきたのです。

いま、今年9月の仮決算の書類の最終結果を眺めていますが、保険掛金は以前の額に戻っています。
あの頃、両親は僕を殺そうとしていたのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする