シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【家系にまつわるオカルト】お告げっぽい夢

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【因縁】家系にまつわるオカルト29代目【遺伝】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1402539463/

94 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/18(金) 19:15:48.13 ID:sSXkBBGzI.net
長いですが相談させて下さい。フェイクあり。

自分は毒親と10年以上絶縁状態。元々鬱傾向だったのもあり、数年前ニート状態になった。
その最中の正月、初夢にお告げっぽいものを見た。
すごく綺麗な景色の場所に一人でいて、うわー綺麗だなー!と思っている。
傍に青い果実のなった木があって、
自分がその実に触ると一斉に果実が大きくなって熟して、食べ頃というかおいしそうになった。
ふと気がつくと正面の木の上に白蛇がいて、じっとこちらを見ている。
自分は子供の頃から何故か蛇が好きなので、綺麗な蛇だなー!格好いいな、こんな蛇を見られて嬉しいなーと、
めちゃくちゃテンションが上がったところで目が覚めた。
ごくたまに予知夢っぽいものを見る事があるので、これは何かの予兆か?あの蛇は神様?と思い、
ネットで蛇を祀っている神社を検索して、見つけた割と大きなところに半信半疑でお参りに行った。

95 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/18(金) 19:17:13.49 ID:sSXkBBGzI.net
その後、時間はかかったが何とかバイトを見つけて働くように。
今は資格取って安定した会社の正社員になれた。
お告げ夢?の翌年の初夢は普通の日常風景だったのだが、それは正社員採用が決まった日の出来事を予知夢で見てた。

ここからが本題です。
最近、自分の血縁上の父の先祖が蛇に噛まれて死ぬ夢を見て、不吉だと思ってお祓いとかしてたらしいと知った。
さらに蛇は、先祖の敵にあたる一族が信仰する神仏の化身。
自分がお参りした神社は、その敵一族の末裔が建てたものだった。

全部偶然と言えばそれまでだが、どこか怖い気もする。
敵一族が自分に手を貸してくれてたとして、後から何か見返りを求めるんじゃないか、とかそもそも助ける理由は?とか。
ちなみに先祖はその敵一族以外の敵に殺されてるし、その敵一族とも勢力争いはしていたが、
因縁、確執という程のものはないと思う。

色々知るまでは蛇の神社に時々お参りに行ってたけど、今は何か怖くて行ってない。
こういうのって霊能者とかに視てもらえばすっきりするんでしょうか?
どなたか助言いただけないでしょうか…

96 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/18(金) 20:06:55.22 ID:cyS/yuzUO.net
毒親ってことは害を加えてるのは同じ家系の身内
敵の敵である蛇は味方と解釈して納得しておけばいい

97 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/18(金) 20:08:21.48 ID:cyS/yuzUO.net
お供え物持ってお礼にくらい行け

99 :95@\(^o^)/:2014/07/18(金) 20:25:26.55 ID:sSXkBBGzI.net
レスありがとうございます。

>>96
敵と言っても、先祖が夢を見た当時勢力争いはしていましたが、一族同士の因縁がある程ではないと思います。
戦乱の時代なら勢力争いは普通の事ですし。今更自分を助ける理由が分からずすっきりしないんです。

>>97
お供えまではしていませんが、御礼参りは度々行って多めにお賽銭入れてます。
本当に助けてくれてたとすれば、感謝しきりなのですが、
いつか「助けてやった見返りを渡せ」なんて言われないかが怖いのです。

102 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/18(金) 21:06:47.62 ID:+ewj+LPh0.net
>>99
毒親毒兄弟じゃあるまいしw
動物や自然は「見返りを渡せ」なんて言いませんよ
素直な気持ちで常に感謝を忘れない、無意味な殺生をしない、その程度でいいんですよ

103 :95@\(^o^)/:2014/07/18(金) 22:12:06.66 ID:sSXkBBGzI.net
>>102さんのレスでちょっと安心しました。
夢の時もお参りした時も、晴れやかな気持ちになれたのは確かなので、この感覚を信じてみようと思います。

調べてみて、蛇一族の総本社のような神社がある事が分かったので、思いきってお参りしてみます。
それで悪い事がなければ、味方してくれていると解釈してよいのかなと。

皆さんありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする