シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【家系にまつわるオカルト】水神様を祭っている家

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【因縁】家系にまつわるオカルト22代目【遺伝】

520 :本当にあった怖い名無し:2012/03/07(水) 19:24:26.53 ID:P4h2oiCz0
最近知人が旧家の出で、オカルトな話題が豊富だったことが判った。
これはその中の一つ。伝聞口調は省く。

彼女の屋敷の敷地内には祠があり、代々水神様を祭っている。
彼女の祖父がまだ若い時、トラクターなんて無いから牛で田んぼを耕していた。
家から畑に行くまでは、川から結構な高さのある木の橋が架かっていた。
別に老朽化はしてなかったそうなのだが、真ん中で橋がくずれ落ち川に落ちてしまった。
見てた人が助けを呼んで祖父を助けたのだが、牛は絶命。
祖父は奇跡的にちょっと怪我をしただけで済んだ。
信仰心の厚い祖母は、神のお陰だと感謝したそうだ。

さて、この集落には有名な拝み屋が居て、村人の信頼を集めていた。
祖母は祖父のこの話を、拝み屋のところにしに行った。
話している途中から拝み屋の顔色が変わり、いきなり奇声を発したかと思うと、
なんと階段状に結構な高さのある祭壇まで、正座したまますっ飛んでいった。
それから一心腐乱にお経を唱える。
唖然とする祖母。
お経が終わり、今度は歩いて降りてきた拝み屋は、祖母がどうしたのか聞いても頑なに教えてくれなかった…

これ、何だと思う?
祖父が助かったのは、日頃から信仰している水神様のお陰かもしれないけど、
それなら美談で済むのに、なぜ拝み屋は取り乱したんだろう?

523 :本当にあった怖い名無し:2012/03/07(水) 19:50:25.07 ID:wOlCLjOi0
>>520
祖父さんを護っていた神様or守護霊が、姿を見られるのを嫌う系統だったんじゃね?
たまにそう言うケース聞くよ。

霊視しようとした拝み屋さんが、祖父の守護霊に「見てんじゃねーよゴルァ」と凄まれる。

慌てて正座して謝罪しまくる。

祖母さんに聞かれても、守護霊さんが「余計なこと言うなよゴルァ」と睨んでるのでノーコメントで通す。

こんな感じだったんじゃね?w

531 :本当にあった怖い名無し:2012/03/08(木) 10:54:30.11 ID:tiBIDgK30
>>523
予想外の考察でした。

自分が考えたのは、祖父さんがあまり水神様を信仰してなかったor失礼なことをした。
で、水神様が怒って引きずり込もうとした。
拝み屋さんは水神様の怒りに血相を変えて、祖父を許してくださるように祈った…はどうでしょ?

ちなみに、祖父さんは90を超えるまでのご長寿だったそうです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする