シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】桜の咲く頃

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?239

530 :1/10:2010/04/02(金) 02:52:04 ID:KLj3yh2Q0
桜の咲く季節になると思い出す。

俺は、小学校からの悪友3人とよくつるんで、高校生になっても遊んでいた。
A、B、Cの悪友3人と俺。
そしてもう一人、同じく小学校からの付き合いがある“さくら”って言う女と。
さくらは俺らの中では、アイドルって程羨望の存在ではなかったが、
他に女の子との付き合いも無かった中、そこそこ清純で可愛らしかったこともあって、
『付き合いたい』という思いが全員の中に有りつつも、それをどこかお互いに悟られまいとしていた。
そんな歯がゆい関係だった。

高校3年の夏、俺ら5人は夏祭りのあと酒を買い、近所の公園で飲んだ。
酒の勢いもあってか、話題はいつしか『肝試し』になっていた。
近くの林の中には塚があり、塚の前で手を合わせると恐ろしい姿の女が現れ、女の姿を見た者は発狂するという、
他愛もない噂が当時、半ば伝説のように伝播していたからだ。

531 :2/10:2010/04/02(金) 02:53:33 ID:KLj3yh2Q0
「行ってみようぜ。俺らでさ」
当時、一番悪ぶっていたCが切り出した。
お調子者のBは、気のせいかいつもの元気がなく、「やめよう・・・」と子犬のような顔でCを見る。
文武両道、正義感も強い俺らのヒーローAは乗り気なようで、
さくらに「お前どうする?帰るか?」と気遣いも見せていた。
俺はといえば、さくらも一緒に行って、俺の肝が据わっていることを見せつけ、好意を寄せてくれれば幸いと、
当時皆が思っていたであろうことを考え、
Aの問いかけに首を振るさくらの姿を期待していた。
「私も行く!あんた達だけじゃ不安!」
さくらも同行の意思を示し、俺達は林へ向かった。あんなことになるとも知らず。

532 :3/10:2010/04/02(金) 02:54:46 ID:KLj3yh2Q0
林を分け入って黙々と進んでいく。酒の力も徐々に薄れ、口数が少なくなっていく。
幸運にもさくらは俺の隣を歩いており、俺のシャツの袖を引っつかんでいた。
夜の林は、月の光とAの照らす懐中電灯のか細い光が頼りだったが、程なくして噂の塚に辿り着いた。
「ここで手を合わせる、んだっけ?」
Cはまだ酒が抜けていないのか、恐怖を表に出すまいと強がっているのか、
普段見せないおどけた様子で塚に近づく。
Bは既に顔面蒼白で、「帰ろう・・・」と、Aと俺の顔を交互に見ている。
Aはつとめて冷静を保とうと、周りを注意深く観察していた。
さくらは相変わらず俺のシャツを掴んでいたが、
もはやシャツが引きちぎれんばかりの力で、シャツを持つ手も心なしか震えていた。
「わあああああ!!!!!!」
Bが物凄い声で叫んだ。
途端、俺たちは恐怖と緊張のピークを超え、脱兎の如く散り散りに逃げ出した。
誰がどう逃げたか、どこをどう走ったかも覚えていない。
ただ、闇雲に転げ周りながら走った。

533 :4/10:2010/04/02(金) 02:56:12 ID:KLj3yh2Q0
林からどうにか抜け出すことができた俺。
公園に帰り着きしばし呆然としていると、少し遅れてAが戻ってきた。
「他のやつらは?BとCとさくらは?一緒じゃないか?」
Aにきつめの口調で問われ、一人で逃げてきたことを後悔しつつも、会っていないことを伝える。
Aは舌打ちをすると、一緒に探しに行くよう俺に求めた。
だがさすがのAも怖かったのか、懐中電灯を落としてきたという。
公園から一番家が近い俺が、懐中電灯を取りに戻り、その後再度、林に入ることとなった。

家から懐中電灯を持って、公園に戻ったときには、Cも公園に命からがら辿り着いたところだった。
Cも俺と同様、Bとさくらは見ていなかった。
更に、探しに戻るのも嫌だと言うC。
「言いだしっぺはお前だろ!」
AがCを睨み付ける。
Cはばつが悪そうに、「悪かったよ・・・」とAに詫び、続けた。
「でも、俺見たんだよ。女みたいな影がさ、塚の後ろから出てこようとしてんのをさ・・・」
普段悪ぶって、俺らを鼻で笑う態度のCはそこになく、今にも泣き出しそうな顔をしている。
「女が顔を上げようとしたときBが叫んだから、『やべぇ!』って思ってさ・・・」
それを聞くと、俺も先刻の光景を思い出し、行くことが躊躇われた。

534 :5/10:2010/04/02(金) 02:57:09 ID:KLj3yh2Q0
行くことを拒むC、行って2人を探すことを主張するA、どっちつかずの俺。
3人が膠着状態となっていた時、土まみれのBがとぼとぼ歩いてきた。
息は乱れ、Tシャツは伸び、あちこちから血も出ている。
「大丈夫か」と駆け寄り、「さくらは」とBに問いかける。
Bは泣きながら、「わかんない」と答えるだけだった。

それぞれの親に事情を話し、警察にも連絡して、
その日の夜は町内総出でさくらの捜索が行われたが、行方はわからなかった。
件の塚周辺も重点的に捜索されたが、手がかりさえ何も見つからず、
その後何週間にもわたって捜索は続いたが、さくらは見つからなかった。

俺らも自発的に毎日、林に集まってはさくらを探した。
1週間もするとある程度の覚悟はできていたが、
『さくらを探す』のであって、『さくらの亡骸を探す』のではない。と自分に言い聞かせ、探し続けた。

さくらが見つかったのは翌年の春、桜の咲く頃だった。

536 :6/10:2010/04/02(金) 02:58:23 ID:KLj3yh2Q0
さくらは林の出口付近で、白骨化した状態で見つかった。衣服と持ち物からさくらだと確認された。
くまなく探したはずなのに、なぜ見つけてやれなかったのか。俺らは悔やみながら、葬儀に参列した。

さくらのご両親は、俺らの事を決して悪く言わず、娘の良き友達として接してくれた。
それがどれ程辛いことか、当時の俺らにも痛いほどよくわかっていた。
Aはご両親に深々と頭を下げ、俺らが事前に決めておいた、さくらの弔いの為のお願いを始めた。
「さくらさんのお骨を、分けて頂けますか・・・?」
訝しげにAを見るご両親。
「5人でよく遊んだ公園の、桜の木の下に埋めてあげたいんです」
俺が続ける。
「気持ちは分かるけど、お寺さんに相談しないと・・・」
ご両親が戸惑っていると、やり取りを聞いていた住職が、
「ご家族がお許しになれば、いいでしょう」と許可してくれた。

俺らは葬儀のあと、泣きながらさくらの一部を、満開の桜の木の下に埋めた。

539 :7/10:2010/04/02(金) 03:02:14 ID:KLj3yh2Q0
俺らは進学、就職と、別々の道を歩いた。俺とAは進学、Bはフリーター、Cは就職した。
それぞれが忙しく日々を過ごし、さくらの忌まわしい出来事は考えないようにした。
もちろん、何かの折には公園を訪れ、桜の木の下で座りながらさくらのことを考え、語りかけたりもした。
自分勝手だが、さくらとの綺麗な思い出だけを考えていた。

翌年の成人式。久々に4人で顔を会わせ、近くの居酒屋で昔話に花を咲かせた俺ら。
酔いが回り始めた頃、Cが唐突に言った。
「さくらに会わないか?」
Aが過敏に反応した。
「お前、よくそんなことが・・・」
慌ててCが釈明する。
「いや、公園に行こうって言ってんだよ!」
Bはあの時のようにあまり乗り気ではなく、
「ゆ、幽霊にでもなって出てきたらどうすんだよ・・・」と怯えている。
CはBの背中を叩き、「さくらなら幽霊でも会いたいだろ」と笑って言った。
Cなりにあの出来事にけじめをつけようとしている、と思った俺とAは、公園に行く事に同意した。

540 :8/10:2010/04/02(金) 03:03:43 ID:KLj3yh2Q0
4人で公園に来るのは、さくらを埋めたあの日以来だった。
夜風が酒で温まった体を容赦なく冷ましていく。
桜の木の幹は冷たく、春の訪れを遠く思わせた。
「さくら、会いてぇよ・・・」
Cが呟いた。
「ずっと好きだったのに」と続けた言葉に、全員が頷いた。
皆が言いたくて言えなかった言葉だ。
「俺もだよ」とAが、俺が言う。
「いつまでも好きだ」
Bが言い、誰ともなく手を合わせた。
「ひいいいいいい!!!!!!」
あの日と同じようにBが叫んだ。
桜の木の後ろから、あの日のさくらが、あの日の姿でゆっくり現れた。
あの日と違うのは、憤怒の表情と、体全体を覆う痛々しい生傷。
そして、股間からの夥しい出血だった。
さくらはゆっくりと俺らの方に、Bの方に近づいていく。
Bは腰を抜かし、口からは泡を吹いている。
俺、A、Cは、金縛りにあったようにその場を動けずにいた。

542 :9/10:2010/04/02(金) 03:05:19 ID:KLj3yh2Q0
「許して、許してぇ!!」
Bが震え、上ずった調子外れの声をあげる。
さくらはBの目の前まで来ると、Bの中に入り込むようにスッと消えた。
途端、Bが物凄い勢いで嘔吐を始めた。
ガックリと膝を折り、うつ伏せて吐く。血も混じっていた。
吐き終わると、今度は口を滅茶苦茶に動かし始めた。Bの口からは血と汚物がとめどなく流れた。
舌と口の内側を食い千切っていると気づいたときには、
Bの体は痙攣し、Bは呻き声を上げながら白目を剥いていた。
ようやくBの元へ駆け寄った俺らの頭上で、「ごめんね」という声が聞こえた。
見上げた先には、きれいなままの姿のさくらがいた。
うっすらと涙を浮かべ、さくらは消えた。
「さくら!行くな!」
Aが叫んだ。
Cは倒れているBの元へ駆け寄り、瀕死のBを更に殴りつけた。
「お前が!お前がぁ!なんてことを!」
Cは泣きながらBを殴り続けた。俺はそれを止めることもできなかった。

543 :10/10:2010/04/02(金) 03:08:47 ID:KLj3yh2Q0
Bはその後救急車で運ばれ、何とか一命は取り留めたが、
口内と内臓に重大な損傷があり、顔の骨も折れていた(これはCが殴ったせいだったが)。
そして何より、精神に異常を来たしており、傷が癒えた後は精神病院で暮らすことになった。
CはBの怪我の責任を全て負うこととなり、傷害罪で逮捕されたが、
「酔った勢いでの喧嘩」扱いで罰金刑となった。

春になり、俺とAは公園を訪れた。
さくらは無事に天国へ行けただろうか。
そんなことを考えていると、Aが言った。
「さくらは、強かったな・・・
 あの日、塚の後ろから女が出てきたとき、
 俺もびびって逃げちまったけど、振り返ったとき俺見たんだよ。
 さくらが逃げ遅れたBをかばってる姿を。
 それなのにBは、そのあとさくらを・・・」

Aの言葉に、言い知れぬ悲しさと空しさが滲んでいた。
俺は桜の木に手を合わせて祈った。
どうか、さくらが天国で幸せに暮らせるようにと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする