シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

占い師

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?8

717 :狂爺:01/10/29 01:02
これは或るスタジオミュージシャンがラジオで話していたものですので、御存知の方がいらっしゃるかも知れませんが・・・

家族ぐるみでつきあっていた占い師がいました。
占い師と言うより、近所のおばちゃんとしてつきあってましたが、
時々「今度大きな仕事がはいるわよ。私が力を入れてあげとくからね」と云われた2~3日後、CMの仕事が入る、
なんてことが何度かあり、「さすが・・・」と思ってました。

CMの仕事が増えだし、収入も上がったので、近くのマンションを買いました。(中古ですが)
それが始まりのきっかけでした。
まず、子供の体中に湿疹が出来始め、私も妻もおかしな夢を良く見るようになり、ぜんぜん眠れなくなりました。
占い師のおばちゃんも心配し始め、子供の見舞いがてら看に来てくれました。
その時、急に「子供をこの部屋に寝せていてはいけない」と言うなり、子供を抱きかかえ、居間の方へ連れて行きました。
そしてまたその部屋に戻り、
「こっちのほうから妖しい気が感じる・・・。ここね」と言ってエアコンの裏をさぐるなり、
「前の住人かしら、変なことをして行ったわね」
そうつぶやきながら、私にあるものを見せました。
それは、割り箸のかけらみたいなものを髪の毛でぐるぐる巻きにした、不思議なものでした。
「強い呪いがかけられてるよ。どうするの。一番良いのは引っ越すことかもね」
その時、子供がひどい目にあっているのと、此のまま引越すのは逃げていくみたいで嫌だったので、おばちゃんに尋ねました。
「この呪い祓えませんか?」
「少し高いわよ。それでよければ・・・まあ、このおばちゃんに任せなさい」

718 :狂爺:01/10/29 01:03
そして次の日、おばちゃんはどこから持ってきたのか、沢山の御札を部屋中に貼り、
ちっちゃな香炉みたいなものの上で護摩を焚いて、いくつかの呪文を唱え・・・
「これで、良いはずだけど。まあ、暫く様子をみましょう」
そう云っていました。

次の日から子供の湿疹は治り始め、おかしな夢を見なくなりました。
これですべて終わったと、そう思いました。

おばちゃんに電話でそのことを話すと、
『ずいぶん貰ったから心配してたのよ。巧くいかなかったら怒られると思って・・・』
などと喜んでいました。

しかし次の日から、またおかしなことが始まりました。
朝、玄関の前に、泥を血でこねたような物で作った丸い物が置いてありました。
そのことをおばちゃんに話すと、血相を変えてやってきた。
「とんでもないことになったわね。これからどうするの」
「戦いますよ。妻や子供を守らなきゃ。手伝ってくれますよね」
「任せときなさい。出来る限りのことはしてあげるから」

それから、血の泥団子が置かれるとおばちゃんのお払いをするという、いたちごっこが数回続きました。
おばちゃんへの礼金も私の年収に近い額になり、精も根も就きかけ始め、どうしようかと思った頃、
おばちゃんが一つの方法を提案してきました。
引越したふりをして相手を安心させ暫く時間を作り、その隙に対抗策を考えると言うものでした。
巧くいけば完全に引越したものと思ってくれて、すべて終わるのでは・・・
そう考え、妻と子供は妻の実家へ。
私は仕事もあるので、スタジオかビジネスホテル、あるいは友人宅などを泊まり歩いていました。

しかし、いつまでもそうしてもいられないので、10日ほど経った頃、
一旦様子を見るのと、これからの生活に必要なものもあるので、家に戻りました。
妻も子供を実家に残し、これからの事を話し合う為に二人で泊まりました。

719 :狂爺:01/10/29 01:04
次の日、玄関の扉を開けるとそこには、昨晩までは無かった血の泥団子が置かれていました。
この方法でも駄目なのかと落胆していると、妻が、
「私、見たのよ。泥団子置いている人」
「誰なんだそいつは」
「・・・あのおばちゃんが、朝早く玄関の前に置いていたの」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク