シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き部屋の中から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? PART9

553 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/01/07 06:13
半年くらい前、仕事で遅くなった時のこと。
夜1時半くらいにマンションに帰り、
エレベータを降りて、自分の家に向っていた。
1階あたり5部屋ありました。僕の部屋は角部屋でした。
途中に4部屋あるわけですが、3部屋目(中央の部屋)を通ろうとした時。

.

ドアの内側から
ドンドンドンドンドン!
ドンドンドンドンドン!
ドンドンドンドンドン!
と突然ドアを叩く音が始まりました。
一瞬びっくりして飛び退いたのですが、
直後に冷静に伺ってみると、やはりそのドアの内側から、
叩いているようでした。
しかし音はドアの上から下から、何重にも聞こえました。
そしてそれが、2本や3本どころの腕ではなくて
もっと沢山の腕で打ち鳴らされていると気付いた瞬間に、
僕は非常口から1階へ飛び出していました。

ファミレスで時間を潰して翌朝、郵便受けを確認しましたが
603号室には誰も住んでいないように見えました。
管理会社に電話して、603に誰もいないことを確認したら
すぐ引っ越す旨伝えました。
引越しまで1ヶ月くらいかかりました。一人では家にいられませんでしたが。
今でも、ドアの前を通る時は体が緊張してしまいます。\

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク