シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】もうひとりの私

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

恐い話@同人板16

966 :mコワイ:2009/09/02(水) 19:38:06 ID:dpBp8HMK0
もう随分前にオフは引退したんだが…もうひとりの『私』がいたらしい。

黒い服が好きで、イベントにはいつも黒いワンピ(夏)かパンツスーツ(冬)で参加。
当時のジャンルで白いマーガレットが萌えアイテムだったこともあって、
搬入の時から売り場に白いマーガレットの小さいかご盛り花をいつも置いていた。

ある時、イベントにベージュのスーツで参加。(単に黒に飽きたんだが)
そしたら常連で買いに来てくれてる人が「あれ?着替えたんですか?」と。
「いえいえ、今日は最初からこの色ですよ?」と返すと、微妙な顔。
その人だけじゃなく、顔見知りのイベント係員も、別ジャンルから陣中見舞いに来てくれた友人も、
みんな「着替えたの?」と…
私、花かご持って黒いワンピ来て歩いてたそうです。別ジャンルを。

.

それから数回イベントに参加したけど、私の別人が現れるのは決まって私が参加した日。
ジャンルの萌えが終わったのと気持ち悪くなったのとでオンを引退したら、
その後からはパッタリともうひとりの私もいなくなったらしい。

これだけだと『他人のそら似』なんだが、私実は混血で特殊な髪と肌の色をしてる。
友人達に言わせると「絶対二人はいない顔」らしい。
しかし問題は、もうひとりの私が練り歩いてたジャンルっつーのが、
『男性向けロリ系18禁分野』だということだ…何やってんだよもうひとりの私。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする