シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたの娘さんは地獄に落ちました」とかいう怖い話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:22:15.35 ID:YAF9ySDP0.n
これホラーっていうか不条理系だよな

引用元: ・「あなたの娘さんは地獄に落ちました」とかいう怖い話

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:24:08.36 ID:YAF9ySDP0.n
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろう
とおもい、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。

結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずに
その子はなくなってしまいました。
葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
病院で撮った写真の事を思い出しました。それを現像に出し取りにいって
見てみると、その写真が見つかりません。写真屋さんに聞いてみると、
「いや、現像に失敗して、、、」というそうです。不審に思ったお母さんは
娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。
写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし、「見ない方がいいと思いますけれど、
驚かないで下さいね。」と写真を見せてくれました。

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:24:42.26 ID:YAF9ySDP0.n
そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけが
ミイラのような状態で写っていたそうです。

それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養して
もらうといい写真を持ち帰りました。それにしても恐ろしい
写真だったため霊能者のところに供養してもらう時に
これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
すると、霊能者は言いたがりません。やはり無理に頼み込んで
話を聞ける事になりました。その霊能者が言うには、

「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:24:35.55 ID:v1ekIVO60.n
何で地獄に落ちたのか分からん

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:24:47.66 ID:rvt5ZSuk0.n
援交でもしてたんでしょ

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:25:56.83 ID:xpaBHqhoK.n
どうせ同級生の給食に牛乳混ぜていじめてたりしてたんでしょ
いたもんそういう子

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:32:29.66 ID:n86/nQkPx.n
>>8
牛乳ならまだマシだろ

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:31:37.55 ID:ds5ouSkPp.n
TVでやってたけど、ありとあらゆる悪霊が取り憑いた娘がいて、そいつら引き連れて地獄に行くのが神様から与えられた使命です。って救いなさすぎる話があったな。

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:34:12.97 ID:c4Z0vZrB0.n
理不尽に地獄に落ちることはねえよ
地獄は二百七十ニもの種類があってそれぞれ罪状によって行く場所は異なる

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:39:06.53 ID:FJW0LXhm0.n
深夜に屋上で双眼鏡覗いてたら走ってきてンーンーのアレのほうが怖い
698 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/29 03:01
漏れにはちょっと変な趣味があった。
その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。
遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、
ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。

漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら「あ、大きな蛾が飛んでるな~」なんて思っていたら、
坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。

700 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/29 03:03
ドアを閉めて、鍵をかけて「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」って怯えていたら、
ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」って心の中でつぶやきながら、
声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。
もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、
ドアをダンダンダンダンダンダン!!って叩いて、チャイムをピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。
さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。
もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。

ちなみに、この話は有名固定・涎が投稿したそうです。

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:41:11.42 ID:ds5ouSkPp.n
>>18
あれ夢に出てきたけど、ガラス割って部屋に入ってきたところで何故かスタン・ハンセンがラリアットかましてそのまま引きずって行ったわ。

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 19:04:00.40 ID:Ow+stWbr0.n
>>19
わろた

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:50:04.49 ID:9Wio+m2n0.n
>>18
これマジでこわい

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/30(金) 18:45:09.84 ID:D4oOqfBH0.n
なんで地獄に行ったのか、という部分を
もうちょっと掘り下げてドラマにしてほしかったよなぁ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする