シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭を打つと成長ホルモンが止まる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? PART10

7 名前:前スレ933 投稿日:02/01/28 19:09
>1さんお疲れサマです

これから書くのは正真正銘の実話だと強調しておきます。
名誉毀損になりそーで実名をあげられないのが口惜しいんですが、
マジで洒落にならん話だと思います。いきます。

私が小学生の頃、仲の良かった女の子が居ました。
仮に名前をAちゃんとします。親ぐるみの付き合いで、
自宅に呼んだり呼ばれたりして、よく一緒に遊んでました。

その家には小さい赤ん坊がいます。
年の離れた妹だとばかり思って居たのですが
私の母が彼女の母親から聞いて、私に教えてくれた話によると、
その子は、その時既に、6,7歳になっていたそうです。

8 名前:前スレ933 投稿日:02/01/28 19:14
つまり、成長しない病気なんです。見た目はどう見ても赤ん坊だし、
言葉を話す事も、歩く事も出来ません。でも、一応母親の事は分かるらしく、
母親が抱っこすると笑うし、母親が視界に入っていないと、泣き喚くそうです。
当時小学生だった私は、コトの重大さが良く解っていなかったのですが
Aちゃんの両親は随分悩んでいたみたいです。
その子は、二十歳になっても三十歳になっても赤ん坊のままなのです。
両親が生きているうちはいいが、死んでしまったら誰がこの子の面倒を
見るのだろう。順番から言えば、母親は娘より先に死にます。
その場合、Aちゃんが赤ん坊の姿のままの妹を面倒みなければなりません。
縁談にも差し障りが出るかもしれない。
ただ、Aちゃんの家では、その赤ん坊の存在を隠すような真似はしません
でした。むしろ、積極的に話していたようです。それには理由があります。

その赤ん坊の障害は、先天性のものではなく、看護婦のミスによるもの
でした。赤ん坊を取り上げる時に、床に落としたというのです。
抗議して、他の産婦人科や警察にも相談にいったのですが、
病院は同業者のミスを隠したいのか親身になってはくれず、
警察も証拠の無い事で動いてはくれません。
病院側はあくまでも赤ん坊を落とした事実はないと言い張り、
結局泣き寝入りする事になったのです。
ただ、せめて口コミで「あそこの病院は酷い」「行かない方がいい」と
広めるために、あえてオープンにしているみたいです。

ここまでが、普通の酷い話。
後日談があります。

12 名前:前スレ933 投稿日:02/01/28 19:19
治療すりゃ直るってもんでもないし、具体的に何をしに通っていたのか
よく解らないんですけど、その子の治療(?)の為、
定期的に専門の病院に通っていたそうです。
そこの待合室で、同じ病気の子供を持つお母さんと仲良くなります。
Aちゃんのお母さんは、上記の話を始めます。
すると、なんと

相手のお母さんも、同じ病院で赤ん坊を落とされていたそうです。

幽霊なんか問題にならないくらいの、
死ぬほど洒落にならない話だと思います。

15 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/01/28 19:59
落とされたら成長止まるの???
それホント?

16 名前:アヒャ ◆ahyalwaw 投稿日:02/01/28 20:05
母さんの知り合いに、自分の子供を床に落としてしまった人がいるけど、
成長は止まってなかったなぁ。

15歳くらいで亡くなってしまったけどね、、南無

17 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/01/28 20:45
俺もいぱい落とされたって聞いてる。
コンクリートの床に落としたときは馬鹿になったらどうしよーて
思ってたらしい。

18 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/01/28 20:50
>17
その心配は見事に的中したようだな。

19 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/01/28 20:58
多少ケースが違うけど、出生時に頭を強く打って成長ホルモンが
出なくなることはあるみたい。

ttp://www.novonordisk.co.jp/view.asp?ID=1334
>(1)ホルモン分泌の異常による成長障害
>「成長ホルモン分泌不全性低身長症(下垂体性小人症)」
>脳下垂体からの「成長ホルモン」の分泌が低下したり欠如したりすることから
>起こる成長障害を「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と呼びます。
>原因が不明だったり、あるいは出生の時に何らかの原因で脳下垂体付近が損傷
>したことで起こる場合を「特発性」と呼び、「成長ホルモン分泌不全性低身長症」
>の90%以上を占めています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク