シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほんとうに怖い廃墟

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

988 本当にあった怖い名無し New! 2006/12/07(木) 13:18:10 ID:sTmjUnGl0
廃墟探険なら、怖い話はけっこう有るぞ。
♀の大学生が一人で霊感がどうとか言いながら廃墟に入り、
先住民に捕まって一通りしっぽりやられたのち、
そいつらが場所移動。
問題はその場所移動だけど、逆エビと鉄砲縛りのコラボに手拭の猿轡とか
とにかくムチャクチャな固め方して更にボロいビニールシートだの
粗大ゴミか何かわからんような毛布と、ダンボールでも束ねられるような頑丈なロープで
梱包するから、カタワだの敗血症で近日あぼーんだの、危険は枚挙に暇が無い。
それに、途中で道から何メートルかの茂みにでも捨てられたら、発見されないで2日もすれば
脱水等で氏んでるだろう。
その大学生は珍走団にツテが有ったらしくて、生還したらしいし、乞食どもも
珍からポリに引き渡されて「地域の絆」をまた深めるために活躍した(検挙数は手柄の多さと同意義)し、
万事解決。

怖いのは、表にさえ出てきてない事例だ。特に男だったら、乞食どもが早々に叩ッ頃したりしてしまうかも
知れないし、女でもやられてすぐ別の意味でもやられてしまう危険がゼロじゃないし。
乞食じゃなくて野犬とかだったら、すぐ餌だろうし。
廃墟の危険は、出現モンスターに有り。
その次が、ガスとか蛸壺とか、地形的な要素だな。
まぁ、事例の大学生も両親が市会議員&飲食店経営、珍だの地元の青年団(若衆って感じ)だのと
中学ぐらいから付き合いあるヤツだったから、救出されたようなもので。
それと、廃墟探険の際には必ず信用の置ける誰かに探険のことを伝えておくという大原則も大切。
その際に、霊感厨であることが地元で公になってもだw

989 本当にあった怖い名無し New! 2006/12/07(木) 13:20:27 ID:sTmjUnGl0
乞食の手篭めになった事も地元で公だし、その人今も地元に戻ってきてる様子無いし、
ダメージがゼロだったわけでもなさそうだが。
厳密な意味での真偽はともかく、生還時には軽い怪我もしてたとのことだし。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする