シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】全く笑えない小話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
l_mach_150828kiken02
95: 本当にあった怖い名無し 2015/11/25(水) 23:20:29.91 ID:1g1i8Sl7p
もう読んだのが二十年くらい前のガキの頃で若干うろ覚えなんだけど
バブル期かそのちょい前くらいの日本が舞台の『笑える小話集』的な本
その中の一話

.

ある会社に年老いた社長が居た
彼はイタズラ好きで、いつもちょっとしたジョークやイタズラを社員に仕掛ける癖があった
子供はいなかったが、亡くなる時にこんな遺言を遺した
「私の冷凍精液をしかるべき機関に預けておく。その種で人工授精して孕んだ女性が居たら、生まれた子に私の遺産と会社を継がせる」と
社長の死後、その会社の2人のOLが人工授精に名乗りを上げ、妊娠
『跡取りのご生母』をめぐり取り巻きができ、派閥ができ、社内がゴタゴタしたが、
やがて片方のOLが足を滑らせて転倒、流産する
その流れた方のOLの取り巻きは「陰謀だ」「誰かが付き飛ばした」と騒ぐが証拠もなく次第に下火に
残った方のOLはいよいよ女王気取り、やがて月満ちて無事男子を出産した
そこへ弁護士がやって来て社長が生前に録音したテープを再生する
社長自身の声で種明かしがされた
社長「実は僕は生まれながらに種なし、人工授精しても絶対に子供は出来ません」
社長「もし妊娠した人が居たとしたらその不実はさておき、僕の最後のイタズラに付き合ってくれてありがとう」
社長「ありがとうとお疲れ様の意味を込めて100万円を進呈します」
つまり全ては社長の人生最後のイタズラだったのだ~
……みたいに完全な笑い話調で書いてるんだけど
その『イタズラ』の趣味の悪さにドン引きした
要は財産や権力をエサに人の欲を煽りたてた話を、笑い話みたいにしてる作者の神経にもドン引き
2人のOLを巡る社内の派閥争いも結構醜く書かれ、流産した方が本当に事故だったか故意だったかも曖昧
しかも社長の子ではないにせよ、ひとり赤ん坊が産まれちゃってる
産んだOLは真実が明かされた以上、会社には居られないだろう
親は完全に自業自得だが赤ん坊の今後はどうなのるのか
遺産目当てで孕むような女が、用済みになった子をちゃんと育てるのか
その子が大きくなって自分の産まれた経緯を知ったらどう思うか…

他の小話が普通に笑える感じのが多かっただけに
その話の笑えなさが物凄く印象に残った

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする