シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【信じようと、信じまいと】宇宙と航空機

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

479494968_ce8fe5ca87
photo credit: april’s final shadows via photopin (license)
61 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/06/09(木) 16:37:00 ID:uEWRHnS60
世の中には、さまざまな恐ろしい商売があるが、宇宙ロケットの操縦士も、その1つだろう。
打ち上げに使われるロケット燃料は、液体水素や液体酸素といった危険な物ばかり。
燃料注入の衝撃で爆発する事すらある代物だ。ロケットは、こうした危険物が全体の80%以上を占める。
燃料注入は打ち上げギリギリまで行われ、秒読みカウントダウンが0の時に、満タンになるのである。

信じようと 信じまいと―

62 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/06/09(木) 23:08:32 ID:rudYYQve0
大型旅客(または、貨物)航空機は、機種毎に操縦システムが若干異なるため、車と違って
1機種1ライセンスという性格の物なのだそうだ。
訓練で実機を飛ばすのは限界があるため、ほとんどの時間はシミュレーション装置で代用だれるという。
そんなゲームのような方法で、飛行機の操縦方法が身に付くのか? そう思う諸兄諸氏も多い事だろう。
でもご安心を。 2001年9月11日に米国で発生した同時多発テロの実行犯も、この方法で旅客機の操作を訓練し、
その結果、彼らは見事に『作戦』をやってのけた。

信じようと 信じまいと―

65 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/06/10(金) 16:06:04 ID:IeD3ZRWZ0
航空機のジェット燃料が、灯油に近い成分というのは良く知られている。
アメリカ空軍のF-16戦闘機に使われるジェット燃料JP-8は、
1リットル当たり約27円。
これは、東京都内の平均灯油価格の約半額。

信じようと 信じまいと―

スポンサーリンク