シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【信じようと、信じまいと】ミカル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3948311178_19b159a751
photo credit: Burg Rötteln via photopin (license)
78 名前:クラウド ◆7tswvm0SOw 投稿日:2005/06/12(日) 20:48:52 ID:iOM2ZNHs0
信じようと、信じまいと―

オーストラリアでBRAを営んでいるゲインは、見るからにやつれた友人のシェナーからこんな相談をされた。
「最近、毎晩同じ夢を見るんだよ。塔の中みたいなところにある長い螺旋階段をひたすら登っていくんだ。
 なぜか後戻りはできない。しかももうすぐ登り切ってしまいそうなんだよ‥‥‥」
翌日、自宅のベッドで事切れているシェナーが発見された。
死因は今でも解明されていない‥‥‥。

信じようと、信じまいと―

79 名前:クラウド ◆7tswvm0SOw 投稿日:2005/06/12(日) 20:50:12 ID:iOM2ZNHs0
信じようと、信じまいと―

スコットランド、カルベリーナ山脈の奥に一つのさびれた城があった。
ある日、記者のミカルはその城を新たな名所にするために取材に行った。
まずミカルは、玄関から入ってすぐ右の部屋に入った。すぐに彼は驚愕に顔を歪ませた。
そこには小さな部屋にテーブルと椅子がぽつんとあり、その上には湯気を立てる豪華な料理が置いてある。
さらに、料理の前には『ミカル様』書かれたプレートが置いてあった。

信じようと、信じまいと―

80 名前:クラウド ◆7tswvm0SOw 投稿日:2005/06/12(日) 20:51:58 ID:iOM2ZNHs0
信じようと、信じまいと―

城の話の続き。
ミカルはその後、転げるように城から逃げ、その城の現管理人へ話をしに行った。
玄関の右側の──そこまでミカルが言ったとき、管理人が話に割り込んだ。
「ああ、あれね。変わってるでしょう。たしか、客室前とか言うタイトルでしたっけ。
 あの、扉しか描かれてない絵は」

スポンサーリンク