シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ヤクザの怖い話】トラウマになった出来事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

学生時代のこと。

友人二人で居酒屋のカウンターでまったり飲んでいた。
二つ離れた止まり木に、30前半位のそれはそれは綺麗なお姉さんが一人で盃を傾けていた。
おおよそこんな、すすけた店には似合わないいでたちで身なりもよく、そこだけ雰囲気が違っていた。
何と言うかとにかく美人で、女優のようにも見える。
俺らは、気になって声をかけようかとも思いながら結局何も出来ないでいた。

一人の男が店に入ってきた。
40位のちょっとガタイのいいリーマン風のその男は静かにその女の方に近づいていった。
ああ、待ち合わせだったのか…、声かけなくてよかったと思っていたら…
いきなりその女の顔面を殴った。
平手とかでなくて腰の入ったパンチ。
声も出す間もなく女は派手に椅子から転げ落ちると、男はすかさず馬乗りになりさらに続けて殴った。
店内が凍りついた。誰も声を出さなかった。いや出せなかった。
その位、突然の出来事だった。
男はさらに渾身の力を込めて殴りつづける。
静かな店内に、鈍い音が響き渡る。
女は半ば意識を失いかけているのか
時たまかすかな唸り声を上げるだけで何も言わない。
なおも執拗に殴りつづける、それが5分だったのか10分位だったのかやたらと長い時間のように思えた。
女の顔はもはや原形をとどめていなかった。
床も男のワイシャツも、そこいらじゅう血だらけだった。
もうそんなに殴ったら死んでしまうよ…。
でも、俺らも含め店内にいた人間は何も出来なかった。
ただただ恐ろしかった。
やっと男は立ち上がり女の襟元を掴み上げ、無理やり女を立たせようとしたその時、ゴトっと何かが床に落ちた。
男のズボンのポケットから落ちたそれは黒光りするリボルバーだった。
男はそれを拾うと、女を引きづりながら何も言わずに店を出て行った。

今でもトラウマ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【ヤクザの怖い話】トラウマになった出来事』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/03/18(金) 13:07:50 ID:8747fd5c1 返信

    たけし映画っぽい