シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ヤクザの怖い話】悪人ではなかった元ヤクザ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

163 :名無しさん@おーぷん :2014/11/11(火)22:14:20 ID:17ndlsgLL
フィクション多数。多分時効だと思う。
俺が学校卒業して就職してちょっとたったくらいの話。

地元の零細。まぁなんじゃかんじゃでいろいろあった。
人間関係はよかったと思う。大人にもいろんなタイプの人がいるなぁと思って、すごく勉強になって楽しかった。
あの事件が起こるまでは。

きっかけは、飲み会。そこで、Aさんがブチギレる事件があった。
酔ったBさんが、つい年上のAさんの仕事にダメ出しをした。
まぁ酔った席の話だし、Aさんも笑ってすませればそれでよかったんだろうが、そうはならなかった。
Aさんはもともとヤクザの世界にいたそうだが、スジを通すより優しさを優先するあまり、
組長から「お前はこの世界には向かない、カタギになれ」と言われた人。
そんな彼にとって、スジは通さない、優しさもないBさんの言質を許せなかったみたいだ。

Aさんの怒りはその日だけでは収まらず、Bさんを追い詰めていった。
Aさん曰く、Bさんは仕事の上で不正を働いていた。
その不正はBさんのみならず、C、D、E…と、たくさんの同僚をもまきこんでの上で。
Aさんはその不正の証拠を掴んでいた。そしてそれを公開すると興奮してまくしたてていた。
俺は幸か不幸かその不正には絡んでいなかったが、公開されると億単位の賠償責任が発生するのはあきらかだった。
俺はその零細に恩もへったくれもなかったが、
それをするとそこの不正に関係しなかった人たちも路頭に迷うと思い、Aさんを説得した。
今でもそれが正しいかどうかはわからない。
その不正はどこの誰にも損を与えないものだったからだ。(バレなければという前提、ここは詳しく言えない)
…今思うと、俺も卑しい。結局は自分の利益で説得をしていたのかもしれない。
結局、Aさんは落ち着きを取り戻し、その日は帰っていった。

164 :名無しさん@おーぷん :2014/11/11(火)22:16:14 ID:17ndlsgLL
だが次の日の夜、事は起こった。
Bさんから電話があり、『Aさんと和解できそうだ。中立の立場として立ち会ってくれ』と。
俺は時間外であったがこれも仕事と思い、和解ならと喜んで付き合うと同意した。

車で迎えに来たDさんと向かった先は、なぜか近場であるが人がこない山林だった。
異様な雰囲気、そして多くを語らないDさんがすごく不気味だった。
山林の中のひらけた場所を落ち葉を踏みながら進んでいくと、
そこにはAさんと彼を取り囲むB、C、Eさんと、見たことない人が数人いた。
Aさんは落ち葉の上に正座をして、嗚咽をあげながら泣いていた。ヒィヒィと声をあげて。
B、C、Eさんは「遺書を書け」とせまっていた。
Aさんは「書けません」と泣きながら言っていた。
そこからはもう記憶がほとんどない。場面も飛び飛びで鮮明に語れない。
ぼんやりとした記憶からは、
Aさんは自殺をせまられていたこと、Aさんは家族を恫喝のネタにされていたこと、決して和解の席なんかじゃなかったこと。
気がつくと俺は自分の家の前で車を降ろされていた。フラフラと眠りについた。

次の日、同僚からAさんが山林で自殺したと告げられた。
俺の昨夜の行動なんて言えやしない。
自分の心に蓋をして、沈痛な面持ちで通夜に参列した。
Aさん奥様の「お手数をかけてすみませんでした…」の言葉が俺の胸に今も刺さる。

今でも俺が戸惑うのは、B、C、D、Eさんが決して悪人ではなかったいう点だ。
普通にいい人で、よき家庭のパパなのが恐ろしくてしょうがない…。
こんな話はツレにも誰に言えない。

現在、俺は地元田舎から引っ越して、都心で仕事をしているが、
しょーもないイビリをやる上司を見る度に、
相手がどんなパイプもってんのかも知れないのに…こいつ、命がおしくねーのかな?って思う。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク