シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【戦争にまつわる怖い話】戦地に行ってたダンナ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

515 :かぼす(宮城県):2008/11/15(土) 03:50:32.19 ID:bp/iaAkx
亡くなったばあちゃんが戦時中に、戦地に行ってたダンナの夢を見た時の話。

夢の中に、麦わら帽子を被って玄関先で微笑む、戦地から無事に帰ってきたダンナの姿が出てきた。
それがあまりに鮮明な夢で、
とっさに目を覚まして飛び起きて、すぐさま玄関先に出てみると、案の定夜中で辺りには誰もおらず。
ただ驚いたことに、夢の中でダンナが被っていた麦わら帽子とまったく同じものが、
夢で立っていた場所と同じところに、おもむろに落ちていたらしい。

536 :アンコウ(東京都):2008/11/15(土) 05:42:03.59 ID:vFGBCZ15
>>515
母方の祖母も、戦時中台湾に出征していた祖父の夢を見たそうだ。
その後戦死の知らせが来て葬式も終えた。
その翌年ひょっこり祖父は戻ってきた。
台湾で腹に銃弾を受け、部隊も壊滅し、
祖父は台湾の山奥(と言っても狭い島だが)に数人の戦友と逃げて回復を待っていたそうだ。
祖父も死ぬのを覚悟して、死んだら腕だけ切り取って国に送ってもらうために腕に自分の名前を入れ墨していた。
撃たれて生死をさまよっていた時にフライングしたらしい。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク