シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【戦争にまつわる怖い話】軍用品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

63 :本当にあった怖い名無し:04/10/07 04:52:05 ID:mgpvpJ9/
おれも軍オタで、ベトナム戦当時ものの服、ヘルメット、帽子などを幾つか持っているんだが、
もともと霊感なんてまるで無いせいか、幸い何も変わった事は起きない。
でも軍用品にまつわる話はたまに聞くね。
何年か前に発行されたその手の雑誌に、その手の話に関するコラムが掲載されてたな。
ある軍用品店で店員がドイツ兵を見た話とか、
ドイツ軍の雨具を買ってきた人が、その夜から、
本人は何もしていないのに、アパートの階下の住民から「夜中に足音がする」と苦情を言われた話とか・・・。
そういえば15年位前、所ジョージが米軍払い下げの野戦用折り畳みベッドで寝てたら寝息が聞こえた、
という話も何かで読んだ。
あと、私のその手の趣味仲間で少し霊感のある人がいるのだけれど、
とある無可動実銃を扱っているお店に入ろうとしたのだが、
ドアを開けたとたん、物凄い寒気というか何とも言えない嫌な感覚に襲われて、直ぐに店を出たそうだ。

69 :本当にあった怖い名無し:04/10/07 23:15:16 ID:5BNEmLMw
軍装物の話がでたので俺もちょっとだけ

俺の所属してるサバイバルゲームチームの世話役的存在の人の話なんだけど、
かなり以前に米陸軍の迷彩(多分ナム戦の頃の物)を着てゲームしてた。
その迷彩服は中古で、首の後ろ側の襟に周りが熱で溶けたようになった小さな穴が開いてたらしいんだけど、
何故かそれを着た後は頭痛がして酷かったらしい。
オマケに何度洗濯しても彼は使った事も無いムスクの香りが取れなくて、結局手放したそうだ。
彼曰く「あの穴ってマジ物の銃弾の痕だったのかも・・・だとしたら前の持ち主は即死だったろうな」。

そんな話を聞いてから、迷彩服は中古でも現用で戦争してない国の物だけにしようと思いますたw

70 :本当にあった怖い名無し:04/10/08 00:56:31 ID:8dee9fUI
私は沖縄のフリマで、湾岸戦争の時の米軍服を買ってしまった。
一度袖を通したけど、このスレ読むと心配になってきた‥。

71 :63:04/10/08 01:33:21 ID:QOmw2zyK
>70
湾岸戦争時代のものといっても戦地に送られたものはごく一部なので、そんなに神経質になる事もないと思う。
むしろ湾岸戦時代のもので実際に現地で使われたものは、放射能が怖いかもね。
現実的に軍用品で怖いといえばコンパスかな。
最近のものは知らないが、夜間でも目視出来る様に放射性物質の蛍光塗料を使用していて、
コーションマークが付いているモデルがある。
これの古いやつは怖いね。と、言いつつ持ってるけどw
米軍の古い樹脂製水筒もちょっと怖い。
材質に微量ながら鉛が含まれているらしい。
環境ホルモンも出てるという話もある。
水を入れて暫く置くととんでもなく樹脂臭くなるし。
わたしはコレクションだけで使用はしない。
でもこの水筒を10年以上愛用している友人がいるけど、元気なんだよなあw


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【戦争にまつわる怖い話】軍用品』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/01/21(土) 12:31:35 ID:b4a704717 返信

    二次戦ドイツ軍ではなくベトナム戦の米軍ポンチョですよ。オーナーはそのポンチョを今も手放さずに持っていますよ。必ずポルターガイストが起こる曰つきのドイツ軍の制服も所有しています。