「 師匠シリーズ 」一覧

スポンサーリンク
680 150
NO IMAGE

首をもがれたバッタ

962 1/5 ウニ 2006/01/21(土) 11:37:01 ID:9bX5hJte0 子どものころ、バッタの首をもいだことがある。 もがれた首はキョロキョロと触覚を動かしていたが、胴体のほうもピョンピョンと跳び回り続けた。 怖くなった俺は首を放り出して...

NO IMAGE

人は死ぬとどうなる?

959 1/3 ウニ 2006/01/21(土) 11:34:06 ID:9bX5hJte0 大学時代、よく散歩をした公園にはハトがたくさんいた。 舗装された道に、一体なにがそんなに落ちているのか、やたら歩き回っては地面をくちばしでつついて行く。 なかでも、よ...

NO IMAGE

月の湧く沢

941 本当にあった怖い名無し ウニ New! 2005/11/16(水) 08:27:02 ID:qTwjHGqi0 大学2年の夏休みに、知り合いの田舎へついて行った。 師匠と仰ぐオカルト好きの先輩のだ。 師匠はそこで何か薄気味の悪いものを探しているようだっ...

NO IMAGE

魚男

102 名前:1/4 投稿日:03/08/30 21:09 ああ、夏が終わる前にすべての話を書いてしまいたい。 もう書かないといった気がするが、そうして終わりたい。 俺色々ヤバイことしたし、ヤバイ所にも行ったんだけど 幸い、とり憑かれるなんてことはなかった。 ...

NO IMAGE

降霊実験

27 名前:降霊実験  1/9 投稿日:03/05/10 00:13 大学一年目のGWごろから僕はあるネット上のフォーラムによく顔を出していた。 地元のオカルト好きが集まる所で、深夜でも常に人がいて結構盛況だった。 梅雨も半ばというころにそこで「降霊実験」をし...

NO IMAGE

660 名前:壷  1/6 投稿日:03/05/06 23:26 これは俺の体験の中でもっとも恐ろしかった話だ。 大学1年の秋頃、俺のオカルト道の師匠はスランプに陥っていた。 やる気がないというか、勘が冴えないというか。 俺が「心霊スポットでも連れて行ってくだ...

NO IMAGE

歩くさん

655 名前:歩くさん 1/4 投稿日:03/05/06 23:21 僕の畏敬していた先輩の彼女は変な人だった。 先輩は僕のオカルト道の師匠であったが、彼曰く 「俺よりすごい」 仮に歩くさんとするが、学部はたしか文学部で学科は忘れてしまった。 大学に入ったはじ...

NO IMAGE

奇形

585 名前:ウニ 投稿日:03/05/06 15:50 一度消えた身でありながら、不本意な断筆であったために悶々としておりました。 一夜限りの復活お許し願います。 ローカルネタは、詳しい人がいるようなので避けます。 3話ありますが、最後の話をどうしても書きた...

NO IMAGE

コジョウイケトンネル

631 名前:コジョウイケトンネル 投稿日:03/04/30 20:52 師匠には見えて、僕には見えないことがしばしばあった。 夏前ごろ、オカルト道の師匠に連れられてコジョウイケトンネルに深夜ドライブを敢行した。 コジョウイケトンネルは隣のK市にある有名スポッ...

NO IMAGE

東山ホテル

598 名前:東山ホテル 1/6 投稿日:03/04/30 12:21 強烈な体験がある。 夏だからーという安直な理由でサークル仲間とオカルトスポットに 行くことになった。 東山峠にある東山ホテルという廃屋だ。 俺はネットで情報を集めたが、とにかく出るというこ...

NO IMAGE

失踪

504 名前:失踪 1/5 投稿日:03/04/30 01:35 寝れないので、再度登場。 師匠との話をまだいくつか書くつもりだが、俺が途中で飽きるかも しれんし、叩かれてへこんで止めるかもしれないので先に一連の 出来事の落ちである、師匠の失踪について書いてお...

NO IMAGE

そうめん

481 名前:そうめんの話 投稿日:03/04/29 23:31 これは怪談じゃないが話しておかなくてならない。 僕のオカルト道の師匠が、急にサークルに顔を出さなくなった。 師匠の同期の先輩がいうには大学にも来てないとのこと。 心配になって僕は師匠の家に直接い...

NO IMAGE

師事

僕がド田舎から某中規模都市の大学に入学した時。 とりあえず入ったサークルにとんでもない人がいた。 大学受験期にストレスからかやたら金縛りにあってて 色々怖い目にあったことから、オカルトへの興味が高まっていた時期で、そんな話をしているとある先輩が 「キミィ。いい...

NO IMAGE

469 名前:鍵 投稿日:03/04/29 22:29 僕のオカルト道の師匠は当時家賃9000円の酷いアパートに住んでいた。 鍵もドラム式で掛けたり掛けなかったりだったらしい。 ある朝目が覚めると見知らぬ男の人が枕元に座ってて 「おはようございます」 というの...

スポンサーリンク