スポンサーリンク
680 150
NO IMAGE

【洒落怖】バイクで山中の集落に立ち寄った時のこと。 ある屋敷の前で村人が集まって声高に騒いでいたそうだ。 何事かと尋ねてみると、先ほどまで巨大な鳥がいたのだと言われた。

468 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/09/05 23:20 ID:qudfF4Sa 後輩の話。 バイクで山中の集落に立ち寄った時のこと。 ある屋敷の前で村人が集まって声高に騒いでいたそうだ。 何事かと尋ねてみると、先ほどまで巨...

NO IMAGE

【洒落怖】出張で東南アジアに行った時のことだ。 かなり山奥の村に滞在したのだが、道端にある奇妙な物が気になった。 鉄条網で作られた柵なのだが、高さが異様に低く、彼の膝下くらいなのだ。

467 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/09/05 23:19 ID:qudfF4Sa 同僚の話。 出張で東南アジアに行った時のことだ。 かなり山奥の村に滞在したのだが、道端にある奇妙な物が気になった。 鉄条網で作られた柵なのだが...

NO IMAGE

【洒落怖】一人で山歩きをしていると、急に体がだるくなった。 最初は足が重くなる程度だったが、次第にそれが全身に広がっていく。 そのうち、息をすることさえ苦痛になってきた。

466 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/09/05 23:18 ID:qudfF4Sa 友人の話。 一人で山歩きをしていると、急に体がだるくなった。 最初は足が重くなる程度だったが、次第にそれが全身に広がっていく。 そのうち、息を...

NO IMAGE

【洒落怖】学生時代、仲間二人で入山している時に遭難したのだという。 季節は秋の終わりで、小雨が降り続いていた。 道を見失い、雨に打たれ続けた彼らは、疲労困憊だったそうだ。

930 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/24 22:44 ID:z32NM/t0 後輩の話。 学生時代、仲間二人で入山している時に遭難したのだという。 季節は秋の終わりで、小雨が降り続いていた。 道を見失い、雨に打たれ続...

NO IMAGE

【洒落怖】彼の伯父は持山の沢に、小さな作業小屋を持っている。 山の中で遅くなった時に宿泊するため、伯父が手ずから建てたのだそうだ。

159 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/30 03:55 ID:9FcSlR62 知り合いの話。 彼の伯父は持山の沢に、小さな作業小屋を持っている。 山の中で遅くなった時に宿泊するため、伯父が手ずから建てたのだそうだ。 ...

NO IMAGE

【洒落怖】彼の義理の父親は猟が好きで、地元の猟友会に所属している。 ある時、その猟友会主催で巻狩りが催された。 巻狩りというのは、多勢の猟師が狩り場を四方から取り囲み、獣を追い立てて捕らえる狩りなのだそうだ。

158 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/30 03:49 ID:9FcSlR62 友人の話。 彼の義理の父親は猟が好きで、地元の猟友会に所属している。 ある時、その猟友会主催で巻狩りが催された。 巻狩りというのは、多勢の猟師...

NO IMAGE

【洒落怖】 彼の親戚に、老いた猟師がいたそうだ。 もう猟で生計を立ててはいなかったが、よく彼を山に連れて行ってくれた。 動物の名前や食べられる野草、天気の読み方など、沢山のことを教わったという。

157 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/30 03:49 ID:9FcSlR62 知り合いの話。 彼の親戚に、老いた猟師がいたそうだ。 もう猟で生計を立ててはいなかったが、よく彼を山に連れて行ってくれた。 動物の名前や食べら...

NO IMAGE

【洒落怖】仕事でイギリスに出張した際、現地の同僚から変わった話を聞いたという。 その同僚がまだ幼い頃、彼の家では犬を飼っていたそうだ。 実家の山村からもらった、白い雑種犬だった。

673 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/17 00:46 ID:xes23ovJ 知り合いの話。 仕事でイギリスに出張した際、現地の同僚から変わった話を聞いたという。 その同僚がまだ幼い頃、彼の家では犬を飼っていたそうだ...

NO IMAGE

【洒落怖】彼は中学を卒業するまで、山間の小さな村に住んでいた。 その村には、閻魔堂と呼ばれる小さなお堂があったそうだ。 本当に閻魔を祀ってあった訳ではなく、単なる呼び名のようなものだった。

182 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/31 00:43 ID:GcE7Lqzi 先輩の話。 彼は中学を卒業するまで、山間の小さな村に住んでいた。 その村には、閻魔堂と呼ばれる小さなお堂があったそうだ。 本当に閻魔を祀っ...

NO IMAGE

【洒落怖】秋口に単独で入山していた時のこと。 初日の昼に菓子パンの昼食を摂っていると、後ろから声がかけられた。 見るといつの間に現れたのか、長い黒髪の女性が立っている。

770 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ:04/08/20 03:04 ID:b+iNe1kt 後輩の話。 秋口に単独で入山していた時のこと。 一泊程度の簡単なルートを予定しており、食料も簡単なものを用意していた。 初日の昼に菓子パンの...

NO IMAGE

【洒落怖】山深い峠道を車で走っていると、行く手の路上に何かが蹲っていた。 速度を落とし近寄ると、それは猿の赤子だった。

55 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/07/28 03:05 ID:7iFTLzZr 友人の話。 山深い峠道を車で走っていると、行く手の路上に何かが蹲っていた。 速度を落とし近寄ると、それは猿の赤子だった。 クラクションを鳴ら...

NO IMAGE

【洒落怖】まだ学生だった頃、彼女の村では火事が相次いで起こったという。 放火と思われたが、山間の小さな集落ということもあり、そんなことをすればすぐ村の皆にわかる筈だった。

667 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/17 00:36 ID:xes23ovJ 知り合いの話。 まだ学生だった頃、彼女の村では火事が相次いで起こったという。 放火と思われたが、山間の小さな集落ということもあり、そんなことを...

NO IMAGE

【洒落怖】フィールドワークのため、山に一人こもっていた時のこと。 夕食後に水場で食器を洗っていると、何かが激しく後頭部に激突した。

284 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/05 02:36 ID:TFOqGU6L 友人の話。 フィールドワークのため、山に一人こもっていた時のこと。 夕食後に水場で食器を洗っていると、何かが激しく後頭部に激突した。 ...

NO IMAGE

【洒落怖】学生時代、仲間数人で登山に出かけた時のことだ。 山は楽しいものだったが、ペンションが異様に湿っぽかったのには閉口した。

177 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/01 15:56 ID:52zv7I7b 私の体験した話。 学生時代、仲間数人で登山に出かけた時のことだ。 宿泊には小洒落たペンションを利用した。 幹事曰く、オフシーズンで安かったのだ...

NO IMAGE

【洒落怖】夜の山道を一人自転車で走っていた時のこと。 いきなり、自転車のライトが暗くなった。 勘弁してくれよ、と愚痴りながら自転車を止めた。

175 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/01 15:55 ID:52zv7I7b 知り合いの話。 夜の山道を一人自転車で走っていた時のこと。 いきなり、自転車のライトが暗くなった。 勘弁してくれよ、と愚痴りながら自転車を止め...

NO IMAGE

【洒落怖】彼女が友人の家族と山菜取りに出かけた時のこと。 里山を下る帰り道で、奇妙な足音がついて来たのだという。 スタッスタッと草履で歩くような音がするのだが、足音の主は見えないのだ。

54 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/07/28 03:03 ID:7iFTLzZr 知り合いの話。 彼女が友人の家族と山菜取りに出かけた時のこと。 里山を下る帰り道で、奇妙な足音がついて来たのだという。 スタッスタッと草履で歩く...

NO IMAGE

【洒落怖】学生時代、部合宿でキャンプをしていた時のこと。 夜中にテントの周りをぐるぐる回っている足音が聞こえた。 彼は不安がる後輩に向かってこう諭した。

53 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/07/28 03:01 ID:7iFTLzZr 友人の話。 学生時代、部合宿でキャンプをしていた時のこと。 夜中にテントの周りをぐるぐる回っている足音が聞こえた。 彼は不安がる後輩に向かってこ...

NO IMAGE

【洒落怖】ある資格試験を受けた帰り道、車で山中を走っていた時のことだ。 考え事をしていたせいか、どうも曲がる道を一本間違えたらしい。

831 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/07/21 04:14 ID:ZISvVn9x 私の体験した話。 ある資格試験を受けた帰り道、車で山中を走っていた時のことだ。 考え事をしていたせいか、どうも曲がる道を一本間違えたらしい。 ...

スポンサーリンク